中級者が両手バックハンドで強打する方法!3つの攻撃の仕方を詳しく紹介

テニスではバックハンドでも攻撃が出来ると相手に息つく暇もなくプレッシャーを与えることができます。

ほとんどの人は、とりあえず「バックハンドに狙えば攻撃されることが無いから安心」と思ってプレーしている人が多いのです。

バックで攻撃ができる事はレベルが高い証拠でもあり、ミスをしても緩いボールが来たら攻撃する姿勢が相手の頭の中に残るので、威圧感を与えた状態で試合を進められます

威圧感は心理的ストレスとなり、相手からミスショットを誘いやすくゲームを有利に進めることも可能にさせます。

スピードのあるボールの持ち味は、心理的プレッシャーをかけられることなのです。

1.踏み込んで打つ身体の使い方

両手打ちのバックハンドで強打がしやすい打ち方は、踏み込んで体重を乗せて打つことです。

両手打ちバックハンドは片手で打つフォアハンドとは違い、踏み込んだ前足が身体の回転を制限するので、全体重を踏み込んだ右足(右利きの場合)に乗せる必要があります。

上記画像はアザレンカが強打するときのバックハンドです。
画像①は、ボールを打つ少し前には、上半身が突っ込むように右足側に移動させます。
画像②では、スイング中に後ろの左足が浮き上がるほど前方に体重を乗せます。

2ステップの助走を入れてから全体重を前足に乗せる

上記のバックハンドで強打するフォームの前に助走をつける事でさらにボールにパワーを加えられます。

下記画像のように後ろから前へ移動するときに、ボールを打つ少し手前から横向きの体勢を作り、サイドステップの助走をつけてボールを打ち込んでいきます。

この助走を加えることでスイングスピードが速くなり、ボールにスピードが出てきます。

上記の使い方はラリー中に飛んで来た短めのボールや、相手のセカンドサーブをリターンするときにスピードが出せるので、相手に強烈な威圧感を与えられます。

2.オープンスタンスで打つ身体の使い方

バックハンドでオープンスタンスで打つ状況は「サイドに走らされた遠いボール」や「踏み込む時間の無いようなスピードのあるボール」などになります。

オープンスタンスで打つ理由は守りを固める時と、下記のように踏み込むことに「効果がない」場合です。

  • 遠いボールをクローズスタンスで打つと、上半身が邪魔をして狙えるコースが限られ、勢いのあるボールが打てなくなる。
  • 不意に来たスピードのあるボールは、時間の余裕が無く踏み込むことに時間を使ってしまうと振り遅れや当てるだけのスイングになってしまう。

このような時は足の使い方をオープンスタンスにする事で少しの時間の余裕を作れます。

このオープンスタンスの状態から攻撃的なボールを打つ方法は、下記画像のように両膝を方向転換させる必要があります。

上記画像のジョコビッチは、画像①の膝の向きは横向きですが、画像②のボールを打つ前に両膝をネット方向へ一気に方向転換することで、腰を回転させてラケットを引っ張りボールを打っています。

上記のように、おへその位置が「横向き」から「正面向き」になるので、スイングスピードを速くさせられ攻撃的なボールを打つことが出来ます。

3.強打と変わらない効果を発揮するライジング

両手バックハンドの持ち味として、両手でラケットを持っていることで面がブレない安定したスイングが出来るのです。

安定した面を活かすショットとして、ライジング処理が強打しているのと変わらない効果を発揮してくれます。これを利用しないのはもったいないことです。

ライジングショットでのスイング方法

打ち方としてはボールにスピンをかけようとしないで、そのまま前方に押し出すようにスイングします。

上記画像の赤い矢印が通常のスピン回転のスイングです。

スピン回転のスイングに対してライジングで打つときのスイングは、水色の矢印のように身体の後方でラケットを下げ過ぎないで、ボールと同じか少しだけ下げる程度にします。

スイング自体も地面と平行スイングで、狙う方向に押し出しながらスイングするイメージです。

ラケットを下げてスピンをかけようとすると、ボールに伝えるパワーやスピードをロスしてしまうのです。

しかもライジングボールは下から上に上がってくるボールを打つので、スピンをかけるスイングのように下から上にボールを擦り上げようとすると、フレームショットになるリスクが高くなります。

中級者が両手バックハンドで強打する方法!3つの攻撃の仕方を詳しく紹介 まとめ

  • バックハンドで強打するには、踏み込んで全体重を右足に乗せて打つ。
  • 助走を入れることで、ボールをさらにスピードアップさせられる。
  • オープンスタンスで攻撃するには、両膝を一気に方向転換させる。
  • ライジングで打つときは、地面と平行にスイングする。



すぐに試合で使えます!
ダブルスの戦術パターンが豊富で、すぐに結果を出したい人におすすめ!

●全日本チャンピオン直伝!だから普通の人が発見できないダブルスの戦術を身につけられる。
●相手を動かし試合の主導権を握れる!だからいつでも心理的に有利に試合を進めることができる。
●46の必勝パターンを学べる!だからあらゆる対戦相手に対応するパターンを身につけられる。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です