【テニス】フォアハンドの「打点」を安定させるコツ

今回の記事は、フォアハンドが苦手な方向けに「打点を安定させるコツ」を、紹介します。

ダブルスの試合中、ミスしたくない場面でリターンミスをしてしまい「ハァ~」とガッカリする気持ちも、打点が安定すると自信満々でラケットを振り抜けます。

テニスは、フォアハンドに「自信を持っているか」「持っていないか」で、心の「余裕が」大きく変わります。

特に緊張感のある場面では、自信の度合でフォアハンドの確立がハッキリと表れます。

フォアハンドは、ボールを打つことが「一番多いショット」のため、他のショットより自信をつけることで、プレーに余裕が生まれます。

「打点の位置」は姿勢の良い状態でボールを捉える

フォアハンドを安定させるためには、打点を一定にすることが重要なカギとなります。

ミスショットには「打点のズレ」や「面の角度」「腕の力み」など色々な原因があるのですが、打点を一定にさせることは、ボールを安定して飛ばす根本の部分なのです。

打点が一定していないと、面を正しく出せても、ボールを力まないで打てても、安定しないのです。

根本が不安定だからショットも不安定になります

打点の不安定が原因で「ショットも不安定になり」自信が持てないと、下記のようなミスも起こります。

  • 自分が狙った位置より、大きくズレたミスが出てしまう。
  • 試合に出ると、1回戦などの前半は不安で思い切りが悪い。
  • 大事なポイントになると、怖くて振り抜け無い。
  • 練習では入るけど、試合になるとミスショットが多くなる。

試合の基本的な進め方は、相手のバックにボールを集めて様子を見るのですが、試合に慣れている人は、相手の自信が無さそうな部分を(簡単に)見抜きます。

しかも、そこにボールを集めて楽にポイントを奪うのです。

フォアの正しい打点の位置は、体の位置より「ネット側の前方」ですが、打点が不安定な人は、後ろ側で捉える事が多いのです。

打点が後ろだと、ボールを飛ばしづらくなり、打点が不安定になりやすいのです。

反対に、打点が前方であると、少しの力でボールを飛ばせられ、一定した位置でボールを捉えやすくなります。

ただ、打点が前方と言っても「前過ぎる」とお尻を後ろに突き出した、見た目の悪い打ち方になってしまい逆効果にもなります。

そのため、下記画像のように「上半身が真っすぐ立った」姿勢の良い状態のまま、前方の打点でボールを捉えるようにします。

関連中級者のレベルを上げるドライブボレーのコツ!効果的な練習方法を紹介

打点を安定させる方法

打点を前方で、安定して捉えるには「顔の向き」と「肩の位置」を意識します。

というのは「顔の向き」と「肩の位置」で、インパクトの形を作ることが「打点」の目安となり、覚えやすくなるからです。

上記画像①のように、先ずは飛んでくるボールの方向に顔を向けて、ボールを見ます。
画像②のインパクトで、顔の向きが横向きになり、ガットの後ろからボールを見ます。
画像③のフィニッシュも、顔を残して軸がブレないようにします。

やり方
  1. 顔は、飛んでくるボールから顔(目)を離さない動きになります。(正面から横向きになるように)
  2. インパクトで、ガットの後ろからボールを見る。同時に(前に出てきた)右肩とアゴを軽く接触させる形を作ります。
  3. その状態でスイングして、フィニッシュも右肩とアゴを接触させた(顔を残した)状態を維持するようにします。

つまり、インパクトの形で、ガットの後ろからボールを見ることで、打点が前になります。
この形が正しく出来ているかの確認が、右肩とアゴを接触させた状態なのです。

上記のフェデラー選手も、参考になる動画です。
インパクトで身体が「正面向き」になり、顔は「横向き」になる理想的な形です。

関連知らなきゃ打点が安定しないフォアのテイクバックの加減とは?初中級必見!

インパクトで顔を残す効果

この形を身につけると、ボールを前方の打点で捉えられるので、今までと比べ物にならないくらい、安定したボールがコートに入るようになります。

「いつもこの場面でミスるよな~」という場面になっても「あれっ?入るじゃん」と、何球でもコートに入れられることに、自信が湧いてきます。

さらに、前方でボールを打つことは、狙う方向にスイングができるので、より正確にボールをコントロールできるようになります。

そうなると、追い込まれた状態からでも、立場を逆転できるコースに狙うことができるので、一気に有利な状況に変えることもできるのです。

顔を残すスイングをすることで、ボールを最後まで見ることに加えて、軸がブレないようになるので、安定したインパクトを効率よく身につけられます。(特にフレームショットは、目に見えて減ります。)

*打点の位置が身についたら、上記の動作を意識しなくても正しい位置で打てるようになります。

上記はシャラポワ選手です。こちらもインパクトで顔を残す動作が参考になります。

まとめ:フォアの打点を安定させるコツ

  • 打点の目安は、姿勢の良い状態のまま前方でボールを捉える。
  • インパクトの形を作ると、打点が覚えやすくなる。
  • インパクトは、ガットの後ろからボールを見て顔を残す。
  • チェック方法は、フィニッシュで右肩にアゴをつける。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です