テニス初心者のラケットの握り方!グリップの位置を詳しく紹介

初心者の方は、できるだけ手の平の感覚に近い握り方をおすすめします。

テニスで難しいところは、ラケットという「慣れない道具」を使うからなのです。

ラケットという「慣れない道具」を、より手の感覚に近づけるには「手の平」と「ラケット面」が同じ角度になるように握ることで「手の感覚に近くなり」早くに覚えやすくなります。

レベルが上がるに連れて、ラケット面が手の平と同じ感覚になるくらい研ぎ澄まされてくるのです。

ラケット面が、手の平と同じ感覚になると、ボールを自分の思った通りに操作がしやすくなります。

ボールの操作が上手くなることが、レベルを上げることになります。

グリップの握り方でよく使われる「薄い」「厚い」とは?

テニス用語で、グリップの握りを「薄い」「厚い」と言い、テニスをしていると耳にする事が多い言葉なので、簡単に説明をします。

下記グリップ画像Bの赤色部分(真ん中)を境目とします。(右利きの場合)

  • ラケットを握る右手の親指の付け根が「黄色側 C」に移動するに連れて「薄い握り」となります。
  • 逆に「水色側 A」に移動するに連れて「厚い握り」となります。

「薄い」握りは、包丁を持つような握り方で、リストなど小手先が使いやすいためボレー・スマッシュ・サーブなどテクニック系やスライス系のボールに使うことが多いです。

「厚い」握りは、小手先が使いにくく、主にストロークのトップスピンで使われることが多いです。

フォアハンドの握り方

上記画像(左)の手の平の人差し指付け根から伸びている赤い線の部分が、グリップ画像の赤い部分の面にピッタリ合うようにグリップを握ります。(右利きのフォアハンド)

人差し指の付け根が手の平の感覚を繊細に感じることができるので、よりラケット面を手の感覚に近くさせられます。

手の平の感覚に近いことで、ボールを押したりスピンをかけたりする事もやりやすいため、テニスを上達させやすくなります。

両手バックハンドの握り方

両手バックハンドは左手の手の平の人差し指付け根から伸びている赤い線の部分が、グリップ画像の赤い部分の面ピッタリ合うようにグリップを握ります。

両手バックハンドの右手の握り方は、基本は下記画像の黄色側の薄い握りに握り替えますが、初心者の方はテニスに慣れるまで握り替える余裕がないため右手はフォアハンドストロークのままで行いましょう。(テニスに慣れてきてから、変えることもできます。)

バックハンドの両手打ちは、左手をメインでスイングする「左手のフォアハンド」のような感覚なので、左手も手の平を使うとスムーズに感覚が掴みやすくなります。

左手は右手の感覚よりは落ちますが、手の平なので比較的感覚は掴みやすくなります。

片手バックハンドの握り方

バックハンドを片手で打つとしたら男性が多いと思いますが、片手でバックを打つ場合は完璧に薄いグリップに握り替える必要があります。

上記画像のようにコンチネンタルグリップ(包丁を握るような持ち方)で、親指の付け根の骨が赤い点線のグリップ端からはみ出すようにグリップを握ります。

片手で打つ場合は、初心者の方も必ずこの位置に握り替えないと肘を痛めてしまいます。

特に初心者は、ラケットの真ん中(スイートスポット)に当たらないことが多いので、もろに衝撃が腕に伝わるため直ぐに肘を痛めてしまうからです。

もし握り方に慣れない場合は、後述の「ボレーのグリップ握り方」くらいの握り方でしたら大丈夫ですが、ボールが上に飛んでしまう場合は下記の「浮かないバックハンドスライス」を参考にして下さい。

浮かないバックハンドスライス【 解決策 】テニス

ボレーのグリップ握り方

ボレーの基本のグリップの握り方は、下記画像のようにコンチネンタルグリップという包丁を持つような握り方なのです。

ただ、この握り方だとフォアボレーの面の感覚を把握しづらいため初心者の方には難しくて打てません。

もしも本格的に競技志向で続ける予定があるのなら、コンチネンタルグリップは推奨します。

上記画像のように赤い点線のグリップから親指の付け根(赤い丸)が、はみ出す薄い握りです。

私が初心者の方におすすめする握り方は、上記のコンチネンタルよりも少し厚い握り方です。

下記画像(左の図)黄色いC部分と赤いB部分の両方に親指の付け根の骨がかかるようにセットします。

この握り方にするとフォアボレーが手の平で打つ感覚に近くなり、ボレーが打ちやすくなり、コツを掴みやすくなります。

ただ、これ以上厚い握り(フォア側)になると、バックボレー時に肘を痛めやすくなるのでお勧めしません。

フォア側の動きは、普段人間が使い慣れた自然な動きなので、ストレスなく使えた方が攻撃する時などにも自然に入りやすくなります。

ハエを叩き落とすように、チャンスボールをバシッと叩けると周りから「お~ ナイスショット!」と優越感に浸れます。

サーブの握り方

サーブのグリップは、基本的にコンチネンタルグリップ(包丁を持つ握り方)で握ります。

サーブはリストを使う必要があるため、最大限リストを使えるコンチネンタルグリップが適しているのです。

ただ、初心者の方にはこのグリップでサーブを打つには難しいのが現実です。
手首の使い方に慣れないと、ボールに力を伝えられず前に飛ばしにくいのです。

そこでおすすめするのが、下記画像のように前術したボレーと同じ握り方でフォア側に近い少し厚い握りです。

この握りは手の平の感覚に近いので、ボールに力を伝えやすく飛ばしやすくなります

飛ばすことに慣れてきて、スピードや回転をもっと必要だと感じたらグリップをコンチネンタルグリップに変えることも可能です。

打ち方に慣れてからグリップを変えるとスムーズ導入しやすくなります。

自宅で効果的に反復練習ができる!優れたテニス練習機

初心者の時期を早くに卒業したい方におすすめです。

  • 誰よりも早くレベルを上げられる
  • 家族みんなが使えて、みんなが上達できる
  • ちょっとした室内で雨の日でも練習ができる
  • ボール集めが無いから練習に没頭できる
  • ボレーやスマッシュなど色んなショットの反復練習ができる
  • 仕事が忙しく習いに行く時間が無くても自宅で練習ができる
  • いつでも汗がかけて、ストレス発散になり健康的な日々を過ごせる。

このテニス練習機(マイオートテニス2)は、値段も高いだけあって飛んでくるボールが針の穴を通すように毎回誤差が無く同じ場所に飛んでくる優れものなのです。

普通、安価な機械や人間の球出しだと飛んでくるボールの「高さ」や「飛距離」に誤差があり、動きの微調整ができない初心者には、打ちにくいのです。

このマイオートテニス2は怖いぐらい正確なので、全て同じバウンドのボールで反復練習ができます。だからタイミングを効率よく覚えやすくなります。

コーチより正確に飛ばしてくれる機械だから打つことだけにより集中できるのです。

初心者におすすめのグリップの握り方 まとめ

  • グリップの握り方は各ショットに最適な握りがある。
  • 初心者はテニスに慣れるまで、飛ばしやすいグリップの握り方が導入しやすい。
  • テニスをする上で、グリップの握り替えに慣れる必要がある。



すぐに試合で使えます!
ダブルスの戦術パターンが豊富で、すぐに結果を出したい人におすすめ!

●全日本チャンピオン直伝!だから普通の人が発見できないダブルスの戦術を身につけられる。
●相手を動かし試合の主導権を握れる!だからいつでも心理的に有利に試合を進めることができる。
●46の必勝パターンを学べる!だからあらゆる対戦相手に対応するパターンを身につけられる。







女ダブ専用の戦術
女ダブのおすすめはコチラ

●鉄壁のポジショニング!だから確実に勝てるようになる。
●試合を決めるショット!だから大事なポイントを物にして試合の流れをつかめる。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です