ヤバいぐらい【筋肉がつく!】スグできる肉体改造トレーニング

最近なにげなくテレビを見ていると、最近のお笑い芸人はマッチョになっている人が随分多いなと思って見ていたんです。

確かに見ていて、身体つきが変わると見栄えがカッコイイなぁとは思いました。

「さぁ、そろそろシャワーに入ろうかな」と思い、浴室の方へ行きシャワーに入る前に「ふと」自分の姿を鏡で見てみると・・・

「ヤバい、どんどんデブになってる、なんか情けない身体だなぁ~」

学生時代の運動をしていた頃とはまるで別人。
運動部の時は「自分に厳しく、他人に優しく」をモットーにしていたのに・・・

今となっちゃ自分に甘~~~~い。

何年か前まではフィットネスジムには通っていたのですが、会社終わりに行くとマシーンの順番待ちや、次の人が待っていたりして落ち着いてできなかったのと、年間に支払うお金がバカにならないので退会してしまいました。

ジムに行かなくなっても、食事の量は変わらず食べちゃっていましたが、そのうち筋トレすればいいや」ぐらいの甘い考えが、こんな身体へと変化させました。

なんと情けない身体・・・

年齢とともに食べ物には気を遣うようにはしていたのですが、それにしても哀れな身体に様変わりしている、なんど鏡を見ても「あちゃ~~」

と、その時あたまの中でロッキーのテーマがなりだし、メラメラとやる気の魂に火が付いたのです。

「よしっ、徹底してカッコいい身体に変身してやる~

フィットネスジムでは自分のペースで出来なく落ち着かなかったので、自宅用にさっそくネットでベンチプレスとバーベルを注文。

プロテインも定期購入で申し込みをして、なにがなんでもせざるを得ない環境にしたのです。

「時間のある時ゆっくりネットで探そう」だと、やる気が薄れちゃうので。

そこから自分との戦いが始まりました。(写真は後半に続く)

女性を惹きつける肉体改造術 -Attraction DELTA-

自分を磨くことの効果


どう考えてもだらしない身体より引き締まったマッチョな身体ってカッコよくないですか
健康的にもなる、鍛えぬいた事実が自信にもなりますよね

筋肉質のマッチョな身体は努力をしないと出来ないけど、やれば必ず成果となって現れるからやりがいはありますよ。

筋肉がつき始めると身体も引き締まりオシャレな服を着ても見栄えがカッコよくなりオシャレをすることも楽しくなりますよ。

テレビでダウンタウンの松本人志さんが、「なんでそんなに鍛えているの?」という質問に対して

「きっかけは、家族を守るため」と、言っていました・・・男なので色んな意味があるとは思いますが(笑)

確かにパワーがあると色々と手助けもでき、パワーがある事によって自信が持てたり、買い物で重い荷物を持って上げて助けてあげることもできますね。

初対面や人に会うときでも引き締まった筋肉質な肉体は「この人努力をする人なんだぁ~」好印象を持たれたりもするのでプラスになりますよ

筋肉があると、ほとんどの人の印象が「スゴ~い」と思ってくれて、家族の知り合いにも「旦那マッチョでカッコ良いね」とチヤホヤされるとさらに頑張っちゃいます

トレーニングで鍛え続けられると続ける習慣がつき、他のことにも「負けないで乗り越えてやろう」と思える心も身に付きます。

そして身体を維持しようと思ったり考え方も健康思考になるので、プラスの作用しかないことに気づきます。

本物のスロートレーニング:屁理屈なし、筋肉がつき、基礎代謝も高まる本物のスロートレーニング、屁理屈とイメージだけで実際は効果の無い筋肉トレーニングは消えろ!

【やせたい人向け】楽をしてやせるダイエット!おすすめサプリ 7選

目的を間違えない

まず何のためにトレーニングをしているのか?を間違えないようにすることです。

目的は筋肉量を増加させる事によってカッコいい身体を作り上げること

よく男性同士の会話でベンチプレスを「何キロ上げられる?」「何キロ上げられたよ」と言う数字を気にしてしまうと、効率の悪いトレーニングとなってしまいます

数字を意識しすぎると、その数字をクリアするためのトレーニングになってしまいトレーニング中のセット間の休憩をしっかりとり過ぎちゃうことによって、数字はクリアできても筋肉にストレスがかかっていない状態は効率が悪くなってしまいます

休む時間が長すぎると蓄積された乳酸が分解され、成長ホルモンが分泌されなくなるので、筋肉が付きずらくなります。

自分もトレーニングを始めたころは「何キロまで上げられるか?」に喜びを感じて数字ばかり意識した事がありました。

目標の数字の「何キロ」をクリアしたときは「できた~パワーアップした~!」と満足感がありますが、クリアするためにセット間を長めに休んでいたので、なかなか思うように筋肉が大きくならなかったのです。

しかも人間だから、体調にもよって前にクリアできた数字がクリアできないこともあると「あれ~どうしたんだろう?」と、悩んで気持ちが下がってしまいます

たまに出張に行ったり風邪を引いたりして、やむを得ずトレーニングができないことがあったりして少し間が空くと、まぁ~大変。

今までクリアしていた数字よりさらに下の数字が重く感じたりするとモチベーションがどんどん下がります。

目先の数字を意識してしまうと、その日の数字の結果によってモチベーションのアップダウンがあり、モチベーションが下がってくると頑張る気持ちが薄れてくる危険性もあります

何事も楽しくないと長続きしないので、トレーニングのように身体をいじめている状態の時にこそ筋肉が大きくなる楽しみが欲しいですね。

日本人男性専用トレーニング

いかにストレスをかけられるか

トレーニングの目標はできるだけ筋肉にストレスをかける事を意識してトレーニングをする。

疲れなどで思うようにできなくても今できる範囲で筋肉にストレスをかけられれば筋肉はついてくれるので、モチベーションも上げやすくなります。

ベンチプレストレーニングでの重さの目安は、自分の限界の重さ80%前後でやるようにするとだいたい8~12回で限界がくる重さになります。

その重さを数セット繰り返して行いセット間の休憩を短くする

ある程度の期間が経過して重さに慣れてきたら、重さを少し上げた状態で同じく数セット繰り返すようにします。

重さに慣れてきたら負荷は上げていくようにするとパワーアップしてさらに筋肉も大きくなります

セットの後半に疲れて重さを下げたりしても、セット間の休憩だけは短くしてやる事は変えずに筋肉にストレスをかけ続けてやりましょう。

すると見る見るうちに張りのあるデカパイに変身します。そうなると鏡で自分の姿を見ることが楽しくなり「お~~、ナイスパイ!」と次のモチベーションに繋がりますよ

ただ、このパンプアップ状態は一時的な現象なので、これを長いスパンで日々繰り返して鍛えると厚い胸板になってきます。

トレーニングでパンプアップさせた後は、筋肉に必要な栄養であるプロテインを飲むとさらに効果がグイグイ出てきますよ!

そして毎日同じ部分を鍛えないで、鍛えた部分はしっかりお休みをさせて次回のトレーニングに備えることが更なるパワーアップに繋がります。



トレーニング開始から約3カ月後



まだまだ目標の身体には程遠いいのですが、結果として現れるのでやりがいはありますよ

あくまでも自宅で人に頼らずマイペース無理もしない楽しみながらやっています。

筋肉がついてきたら肌の色は黒い方が筋肉の輪郭がはっきりと見えてモチベーションがあがります!

まとめ

  • やれば誰でも変われる!
  • 筋肉にストレスをかける。
  • 健康な身体も手に入る。
  • 自分に負けない心も持てて、心も鍛えられる。

50歳から始める男の筋トレ

誤字脱字がございましたらお許しください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です