函館の魅力は?【癒されルート】

函館に住んでいる人は、雑誌やネットに出ているような
函館の観光名所にはほとんど行く事がないです。

函館の観光名所をネットで調べると、私も行った
事がない場所ばかりでした。

いつでも行けるからなのか、なぜか行こうと
考えた事もない

その地元の人が、たまに心を癒しに行くスポット
あるのは確かです

函館に住んでいながら何度見ても心が癒されるから、
地元の人もたまに行ってしまう

今回の記事は地元の人も癒されるスポット
ご紹介いたします。

函館の歴史に興味をお持ちの方には参考になりません

癒されるスポット

地元の人でも「やっぱりココは良いね〜」と
何度見ても心を奪われる場所があります。

地元の人間だからと言うより、人間として
癒される場所でもあります。

せっかく函館へ観光に来たなら、温泉・食べ物・歴史の
他にもある、函館ならではの魅力を堪能して下さい

函館は海に囲まれた特徴のある地形なのです。

なかなか他では味わえない景色を堪能することも
出来ます。

そして函館は小さな街なので半日または1日で十分観光が
楽しめます。

函館ならではの地形で、海を感じてリラックスできるルートを
ご紹介いたします。

立待岬がスタートになり、ゴールはきくちのソフトクリーム
疲れを癒します。


のんびり景色を堪能して、途中でランチタイムも入れて
4~5時間くらいのルートです。

函館山ロープウェイ 観光遊覧船 ⇨ 金森赤レンガ倉庫までは
徒歩で移動すると、

エキゾチックな街並と、美しい眺めの坂道を楽しめます。

*その他はタクシーかレンタカーが必要です。

「立待岬」の絶景

まずは立待岬まではタクシーなどの車で移動した方が良いです。
景色を堪能している間、タクシーには待機してもらいます。

立待岬から見る海一面の景色は、誰もが「あ〜~良いね〜」と
口に出してしまうほどの絶景スポットです。

立待岬では広大な海を感じられて、見ているだけで
心から癒やされますどの角度から見ても飽きること無くずっと見ていられる
景色です。日々のストレスを吹き飛ばしてくれるほどのパワーがあります。
写真で見るのと、実際に見るのでは迫力が全然違います
次はさらに高い位置からの景色を堪能します。
函館山ロープウェイ乗り場まで車で移動します。


車は函館山ロープウェイ一度終了します。

「ロープウェイ」で函館山からの絶景

次は、函館山ロープウェイ山からの景色と地形を堪能します。
大人1,280円(往復)

ロープウェイはあっと言う間に頂上に着いちゃいます。

もう着いたの~?」と感じるほど、

スマホをいじったりしているとロープウェイからの景色を
見逃してしまいます

頂上から見る、両サイドが湾曲になった函館の地形は、
日中の景色夜の夜景、どちらも息をのむ景色堪能できます。

函館は夜景が有名なのですが、日中の湾曲がくっきりと見え、
両サイドから迫ってくるような海の地形は鮮やかです


函館山からは、どこを見渡しても青い海が見える景色
堪能出来ます。

「青い色」は心を落ち着かせる効果があり、海の多い函館は
癒しの効果も抜群です。

ロープウェイで麓に戻ったら、ここからは徒歩で移動します。

「坂道の景色」を楽しむ

ロープウェイを降りたら、エキゾチックな街並み坂道の景色を
楽しみながら金森赤レンガ倉庫にのんびり向かいます。

坂道の多い函館はCMなどでも使われる坂道から、
ハイカラな景色を楽しめる坂道が多くあります。

「金森赤レンガ倉庫」と「観光遊覧船」

坂道を楽しみながら、観光名所である金森赤レンガ倉庫
向かいます。

次は海からの景色遊覧観光船(クルージング)で堪能します。
大人1,800円(30分)

爽快な海の風を感じながら見る、函館港と函館山の景色は、
開放感のある極上な気分を堪能できます。

クルージングを楽しんだ後は、赤レンガ倉庫にある
金森ビヤホールでランチタイム。

本場ドイツの雰囲気を醸し出している鮮度抜群な樽生ビール
乾いた喉を潤してエネルギーを蓄え次に備えます。

ここからは函館の中心部にある「五稜郭」にタクシーで
移動します。

「五稜郭」と「五稜郭タワー展望台」

次は五稜郭タワー展望台で、地上107mの高さで
360°の
パノラマ景色を堪能します。
大人900円

五稜郭内には無料で入場できます。


函館山や津軽海峡、そして五稜郭の心が高まる
迫力満点の星形を堪能できます。


タワーには足元がガラス床の部分があり、
景色とスリルで興奮します。

以上で景色は終了です。

ここからはおススメの「きくちのソフトクリーム」です。

湯川町の為、車の移動となります。

きくちの「ソフトクリーム」

ソフトクリームの好みは人それぞれですが、

このきくちのソフトクリームは、シャリシャリ感
さっぱりした味がたまらなくクセになります

ソフトクリームを好んで食べない私でも
リピーターになりました。

函館の魅力は?癒されルート【番外編】

最後までお読みいただきありがとうございました。
誤字脱字がございましたらお許しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です