サイドスピンを駆使したバリエーション攻撃 テニス【勝ちたい人必見】

最近、今まで勝てた相手にも負けてしまう
勝てる気がしなし…

なんてことは無いですか?

負けが込むとテニスも楽しくなくなり、
練習も気乗りがしなくなる

攻め方が単調になっていませんか

相手も人間なので単調な攻め方には相手も無意識で
身体が慣れてきて、攻略する方法を感じ取ります

自分の出来る範囲を広げないと単調な攻めを
変えることは出来ません。

技術的な向上や心の制限を解放する必要もあります。

相手のバックハンドばかりに攻め続けても
回り込まれて逆襲を受けてしまいます

同じ回転のボールばかりだと相手も苦にならないで
ミスなく返球できるので、自分が動かされる。

単調な攻めには相手も気持ちが楽なので、
思い切りの良い攻撃をされてしまいます

分かり切ったパターンは先読みをされやすいのです

自分の出来る範囲を変えないと負ける事が多くなり
楽しさも薄れてテニスから離れたい気持ちにもなります

自分を変える


ある程度テニスが出来るようになると
対戦相手も簡単なミスはしてくれません

テニスの究極な攻撃は、相手のラケットの芯を外させる
攻撃なのです。

自分は左利きなので、元々回転が右利きとは真逆の回転
なので、始めは殆どの方はやりにくそうでした。

試合をやっても、簡単にミスをしてくれるのです。

単純に左利きが少ないから回転に慣れていないのです。

ただ、練習をやり慣れてくると殆どの人は左利きの回転にも
慣れてきます

試合をやるに連れ今までしてくれたミスも少なくなり、
さらには攻撃までされるようになってきました。

徐々に負け越すことが多くなり、終いには
何度試合をしても勝つ方法が見いだせないのです。

なんで~…

この人最近どうしたんだろう?

自信を持ってプレーをしているのです。

試合後に色々と話をすると
ボールに慣れた事で苦手意識が無くなったよ」と。

確かに最初の頃のイメージは、バックに打つと
簡単にミスをしてくれていた。

ラクをしてポイントを頂いていたのです。

こんな楽に勝てるなる、「このままでいいや」とパターンを
変えないで試合をし続けたのです。

返球してきても、また「ミスするだろう」と考えていた。
人は慣れてしまうと、色んな事をチャレンジしてくる。

そのチャレンジも最初は一か八かの攻撃だと思っていたら、
余裕があってのチャレンジだった。

余裕があるチャレンジは、思い切りが良いので
ミスをする確率が低くなるのです。

ボールを変化させる

1つ気になったことがあって、自分のサービスだけは
毎回打ちにくそうにしてミスをしてくれるのです。

ラケットの芯をズレた飛ばないミスショットなのです。

サービスは3種類を打ち分けていて、スライス(曲がる)と
スピン(逆に跳ねる)とフラット(真っすぐ)です。

その時、ボールに違う種類の回転を混ぜることによって
慣れにくくなることに気づきました。

これに気付いてから、ストロークも通常のスピン縦の回転と
横斜め回転(サイドスピン)を混ぜた練習をしました。

通常ストロークでは下図のように下から上へボールを擦り
縦のスピン回転をかけます。


通常のスピン回転の擦り方

これに対して下図のインサイドアウトのスイングで、
自分の身体の近くから外側に振り抜いてボールに
横斜め回転(サイドスピン)を加えます。


右利きの場合(左利きは逆)

そうすると軽く曲がりながら飛んで、バウンドしてからも
曲がり出します

*その他の高めのボールには真逆の回転を加えます。

目線の高さから上のボールには下図のように右上から左下に
擦りながら振り抜くとスピードと弾まないボールになります。


右利きの場合(左利きは逆)


胸の高さのボール
には下図のように右から左に擦りながら
振り抜くとスピードと弾まないボールになります。


右利きの場合(左利きは逆)

使い方

胸より下のボールにはサイドスピンと通常のスピン回転

胸の高さから上のボールには真逆の回転

回転を駆使できると

攻めるボールを変えると新たな発見があります。

通常とは違うサイドスピンをかけると
芯を外したミスもしてくれます

サイドスピンは、フォアもバックもクロス方向に使い
相手を外側にさらに追い出す事が出来ます。

相手を外に追い出せてオープンコートを作れると
次の攻撃の展開が楽になります

サイドスピンは鋭角に角度もつけられます。

さらにストレートのパッシングなどでコートの外側から
曲がりながらコート内に戻ってもきます

高い打点のボールを攻撃するときは
縦の回転はアウトしやすくなります

そこで胸の高さから上の高い打点のボールには
サイドスピンの真逆の回転を加えて攻撃をします

真逆の回転はスピードボールを安全にコートに収めてくれて
弾まないので、相手も打ちにくいボールとなります

この3種類の回転を駆使してより効率的な攻撃の
パターンを練習してみて下さい。

まとめ

  • 攻めが単調にならない
  • ボールには3種類の回転をかける。
  • 回転を駆使して相手をコートの外に追い出すパターンを作る。

誤字脱字がございましたらお許しください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です