【テニス】チャンスボレー打ち方のコツ

チャンスボレーってなぜか力が入りませんか

「チャンス!」と思って前に詰めたつもりが…
足が届いていなかったり

「きたぁ~!」と思うとラケットを引き過ぎて
ミスショットになってしまう

決めようと考えた途端に、力みスイッチが入り
「手」や「足」が思ったように動かなくなりませんか。

今回の記事はチャンスボレーでミスが多い悩みをお持ちの方に、
チャンスボレーで決めるコツをご紹介いたします。

少しでも決め球に自信が持てるきっかけになれば幸いです。

どこに意識があるか

不意に来たチャンスボール。

「よしっ、行くぞぉ~」と打ちに行くとラケットを引き過ぎて
大アウトしてしまう

「よしっ、もらった~」と思ったら、足が出なく打点が前過ぎ
ネットミスになってしまう

ネットで、不意に飛んで来たチャンスボールを見た瞬間、
別人になったかのように力みスイッチが全開になる…

「父の仇じゃ~」と言わんばかりに渾身の力で打ちに行くと
誰でもミスをしてしまいます

ワンチャンスを逃さない為のアンテナを立てている事は
間違いじゃありません。

チャンスボールには2つのパターンがあります。

1つは自分の所に飛んで来てくれるボール。もう一つは
短めのチャンスボールで自分から迎えに行くボールです。

共に腕を使って打つのですが、重要なのは「足」と「腕」を
連動させる使い方なのです。

自分の所に飛んで来たボールでも、手の動きだけじゃなく
微調整も兼ねて踏み込みの動作を入れる必要があります。

失敗する人の多くが「強く打つ」「決める」事に意識をし過ぎて
力みが入ったり、足が止まって打点がズレてミスが出ます。

パンチが効いたボール

自分も初めの頃は腕の力に頼ってチャンスボールを
叩いていました。

しかし、この「足」と「腕」を連動させた使い方
教わってからは、ボレーが飛躍的に変わりました

一番驚いたのが、前みたく力を入れなくても少しの力で
パンチの効いたボール
になる事です。

足のパワーも使いながら打つ為、簡単にスピードが出ます。

スピードが出るので、前みたくラケットを引き過ぎなくなり
振り遅れのミスがほとんど無くなりました。

チャンスボールは一撃で決めようとして、スピードに頼り
大振りをしてしまいます

大振りには「振り遅れ」と「打点が前過ぎ」の2つの
タイミングのミスが起こりやすいのですが、

足のパワーを加える事で、小さなテイクバックで済む為
「振り遅れ」のミスが改善されます。

チャンスボレーの打ち方 (右利きフォアの場合)


上記はヒンギスのボレー練習画像です。ラリー中に前に詰めて
決めるボレーも参考にして下さい。

イメージは全て2歩使って打つのです。

1右足重心(テイクバック)2左足重心(フィニッシュ)
1・2のリズムで覚える

*フォアもバックも同じです。

1歩目が、パワーの蓄えと大まかな距離の調整に使います。
この時点でラケットの準備も完了させます。

2歩目が、1歩目で蓄えたパワーを2歩目の足に移すのと、
スイングを同時に行うだけなのです。

チャンスボレーの打点の高さ目線の高さです。

自分の所の場合
  1. 準備する
    ボールが来たら、そのままの状態でテイクバック
    右足に重心を乗せます。
  2. 打ちに行く
    右足の重心を、踏み込む左足に重心移動
    しながら同時にスイングを行う。
  3. フィニッシュ
    左足に重心が移ると同時にラケットも止める
  4. 直ぐに構える。
注意
ボールを打つ前に左足へ重心移動させない
同時のタイミングが重要です!
補足ボールが真正面に来た場合のフォアは、右足を内側に
ずらして、ボールから離れて踏み込む。 
迎えに行く場合
  1. 準備する。
    ボールが来たらテイクバックと、右足を一歩前に
    出します。
  2. 打ちに行く。
    次に左足をさらに一歩前に踏み込み(重心移動)を
    させながら同時にスイングを行う。
  3. フィニッシュ。
    左足に重心が移ると同時にラケットも止める
  4. 少し下がって構える。
補足

迎えに行くチャンスボレーは、2歩前に大股で移動する
イメージです。
 


上記はボレーの名手である松井選手のボレー練習画像です。
足の踏み込みも参考にして下さい。

足が身に付くと

足のパワーが加わるので、腕打ちの時よりもボールに
スピードが加わります

足のパワーを加える使い方なので、姿勢が保たれた
同じフォームでチャンスボレーが打てるようになります

足と手でタイミングを取るようになるので、タイミングが
取りやすくなる

腕だけでは無く、足にも意識が行くので力みが薄れて
腕を操りやすくなる

チャンスボレー打ち方の まとめ

  • チャンスボレーは、腕だけだと力みやすい。
  • 腕と足をセットでタイミングを取って打ちに行く。
  • 1が右足(テイクバック)→2が左足(フィニッシュ)の
    リズムに慣れる。
  • 迎えに行くチャンスボレーの時は、1の右足を前に出す

誤字脱字がございましたらお許しください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です