試合でチャンスボレーをしっかり決める方法!テニスボレーのコツ!

ボレーで、チャンスボールが来るとなぜかミスをする
ことが多い……

決めようと考えた途端に、自分に想像以上の力みが入り
「手」や「足」が思ったように動かなくなります。

今回の記事はチャンスボレーでミスが多い悩みをお持ちの方に、
晴天の空のようにスカッと気持ち良く決めるコツを
ご紹介いたします。

少しでも決め球に自信が持てるきっかけになれば幸いです。

意識するところを間違っている

不意に来たチャンスボール。

「よしっ、チャンスがきたぁ~」と打ちに行くとラケットを引き過ぎて
大アウトしてしまう

「もらったぁ~」と思ったら、足が出なく打点が前過ぎて
ネットミスになってしまう

ネットで、不意に飛んで来たチャンスボールを見た瞬間、
韓国で整形してきたの?と思うような普段と違う打ち方…

「父の仇じゃ~」と言わんばかりに渾身の力で打ちに行くと
どのレベルの人でもミスをしてしまいます。

ワンチャンスを逃さない為に、電波塔のようなアンテナを
立てている事は間違いじゃありません。

チャンスボールには2つのパターンがあり、一つは自分の所に
飛んで来た、動かないでそのまま打てるチャンスボール。

もう一つは短めで、自分から迎えに行くチャンスボールです。

共に腕を使って打つのですが、重要なのは「足」と「腕」を
連動させる使い方なのです。

自分の所に飛んで来たボールでも、手の動きだけじゃなく
微調整も兼ねて踏み込みの動作を入れる必要があります。

失敗する人の多くが「強く打つ」「決める」事に意識をし過ぎ
力みが入ったり、足が止まって打点がズレてミスが出ます。

パンチが効いたボール

自分も初めの頃は腕の力に頼ってチャンスボールを
叩いていました。

しかし、この「足」と「腕」を連動させる使い方を
教わってからは、ガリガリの体からムキムキのマッチョに
なったぐらいボレーが変わりました。

一番驚いたのが、前みたく力を入れなくても少しの力で、
パンチの効いたボールになる事です。

足のパワーも使いながら打つ為、簡単にスピードが出ます。

スピードが出るため、
今までのようにラケットを引き過ぎなくても良いので
振り遅れのミスも少なくなります。

チャンスボールは一撃で決めようと思い過ぎて、スピードに
頼り大振りをしてしまいます。

大振りをすると、打点が「遅れ」と「前過ぎ」の2つの
タイミングのミスが起こりやすいのです。

そのため、足のパワーを加える事でパワーをアシストして
くれるため、小さなテイクバックでも十分なパワーになり
「振り遅れ」のミスが改善されます。

チャンスボレーの打ち方 (右利きフォアの場合)


上記はヒンギスのボレー練習画像です。ラリー中に前に詰めて
決めるボレーも参考にして下さい。

下の画像はフェデラーのパンチボレー。

①右足重心でパワーの蓄えとテイクバック。
②徐々に左足へ重心を移動開始。
③インパクトと左足に重心移動完了。
④打ち終わり。

*バックも同じです。


1歩目が、パワーの蓄えと大まかな距離の調整に使います。
この時点でラケットの準備も完了させます。

2歩目が、1歩目で蓄えたパワーを2歩目の足に移すのと、
スイングを同時に行うだけなのです。

チャンスボレーの打点の高さは目線の高さです。

自分の所の場合
  1. 準備する。
    ボールが来たら、そのままの状態でテイクバックと
    右足に重心を乗せます。
  2. 打ちに行く。
    右足の重心を、踏み込む左足に重心移動
    しながら同時にスイングを行う。
  3. フィニッシュ。
    左足に重心が移ると同時にラケットも止める。
  4. 直ぐに構える。
注意
ボールを打つ前に左足へ重心移動させない。
同時のタイミングが重要です!
補足ボールが真正面に来た場合のフォアは、右足を内側に
ずらして、ボールから離れて踏み込む。 
迎えに行く場合
  1. 準備する。
    ボールが来たらテイクバックと、右足を一歩前に
    出します。
  2. 打ちに行く。
    次に左足をさらに一歩前に踏み込み(重心移動)を
    させながら同時にスイングを行う。
  3. フィニッシュ。
    左足に重心が移ると同時にラケットも止める。
  4. 少し下がって構える。
補足

迎えに行くチャンスボレーは、2歩前に大股で移動する
イメージです。
 


上記はボレーの名手である松井選手のボレー練習画像です。
足の踏み込みも参考にして下さい。

上記の足の使い方の他に、ボレーを安定させるには、
下の画像のようにラケットと腕の角度をキープすることが、
不可欠な条件でもあります。

下図のボレーマスターは、装着するだけでラケットと腕の角度を
ルンバが掃除をしてくれるような簡単さで矯正してくれるので、
角度が不安定な方には、超~おススメです!

足が身に付くと

足のパワーが加わるので、テコの原理のように少ない力で
ボールにパンチを加えられます

足のパワーを加える使い方なので、方程式で問題を解くように
どんなボールにも綺麗な同じフォームで打てるようになります

足と手でタイミングを取るので、意識が分散され
飲み過ぎて前の日の出来事を覚えていないように
力みを忘れやすくなる。

力みを忘れるため、ゲームのキャラクターを操るように
自在に腕も操りやすくなります。

チャンスボレー打ち方の まとめ

  • チャンスボレーは、腕だけだと力みやすい。
  • 腕と足をセットでタイミングを取って打ちに行く。
  • 1が右足(テイクバック)→2が左足(フィニッシュ)の
    リズムに慣れる。
  • 迎えに行くチャンスボレーの時は、1の右足を前に出す。

誤字脱字がございましたらお許しください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です