【初中級必見】上達に欠かせないオープンスタンスのコツ テニス

ラリー中に、あっと言う間に自分のところに
飛んで来たボールって返しにくくないですか?

例えば相手がボレーで、深く飛んで来たボールです。

そのボールを普通に踏み込んでたら間に合わなくて
打ちにくいですよね。

ストロークで踏み込んで打つ打ち方だけだと、ボールに
よっては処理が出来ない事が意外と多いのです。

今回の記事は深いボールに対して対応が上手く出来ない方に、
対応するコツをご紹介いたします。

少しでも深いボールの処理に自信が持てるきっかけになれば
幸いです。

色んなボールが飛んでくる

ボレー対ストロークのように時間が無い状態で
深いボールが来ると、いつもの打ち方が出来ない

あっと言う間に飛んでくるから間に合わなく
振り遅れてしまう

上手く返せても、ボールが浮いてチャンスボールになって
相手に攻撃されてしまう

相手がボレー時に深く飛んで来たボールには後ろに下がる
時間がほとんどありません。

テニスを習い始めて打ち方を教わりますが、

その打ち方は踏み込んで打てる簡単なボール
専用の打ち方なのです。

スクールで行う、スローペースで打ちやすい球出しボール
だけを処理するには適しています。

球出しは、ラリーの時の為にフォームを固めているのですが、
実際のラリーでは、色んなボールが飛んで来ます。

そのため1つの対応方法だけだと、目的のラリー練習で
対応が出来なくなります

臨機応変に対応する

色んな所に飛んでくるボールに対応するために、足の置く位置を
状況によって変える必要があるのです。

変えないとボールを返せないのです。

その状況によってボールを返す為環境を作るのです。

自分も習っていた当時は、今と違い踏み込んで打つ事が
主流でした。

踏み込んで打つ事の良さも十分理解しマスターしましたが、

試合になると全てのボールに同じ打ち方が出来ない事も
理解しました

特にリターンの時や、相手がボレーに来た時は時間が無くて
教わった打ち方が間に合わず出来ない事が多いのです。

無理やりやって見ても振り遅れのミスをしてしまう。

「どうしたら対応できるだろう?」と悩みました。

テレビで世界のテニス選手を見ていると、自分が教わった
打ち方との違いに気付いた事がありました。

当時の世界のトップテニス選手をテレビで見ると、
色んな打ち方をしているのです。

テイクバックなどのフォームは同じなのですが、
何か形が違っていたのです。

良く見ると、足を置く位置だったのです。

リターンや深いボール、横に動かされたボールによって
様々な使い分けをしていました。

特に多かったのはオープンスタンスでした。

「これか!」と思いました。

早速練習で行ってみたのですが、なんとも難しいのです。

飛んでくるボールが待ちきれなく足が出ちゃうのです…

身に付いている足の使い方に新しい使い方をプラスするのは
簡単ではありませんが、

これが出来たら「今よりもっと上手くなれる」という事が
分かっていたので、やらない理由がありませんでした。


向上心に溢れる方に、おススメのDVDをご紹介します。

IMGテニスアカデミーで、錦織選手などの有名選手を
世界レベルに引き上げた実績を持つゲイブ・ハラミロ。

このDVDで世界のトップ選手と同じ最先端の知識を学び
レベルアップで周りの仲間をビックリさせましょう

知識は一生役に立つ財産となります。

ゲイブ・ハラミロの『Making Champions』 Vol.1 -フォアハンド- & Vol.2 -両手打ちバックハンド- [GJ0001]

オープンスタンスのコツ(右利きの場合)

オープンスタンスは、通常の打ち方のように自分から
踏み込んでボールを迎えに行かないで、

足をネットと平行にしたまま上半身だけを捻じり、
ボールを打つ時に、捻じりを戻しながら打ちます。

足と上体の使い方はバックも同じです

特にバックは多めに練習しましょう。

注意
オープンスタンスを習得するのに一番の課題は、
ボールを待ちきれないで、前のめりになり足が出てしまう事。 

《足が出ないようにする対策として》
ボールに近づける足(フォアなら右足)を横では無く
少し前方に(ネット側)に出すと待てるようになります

最初は苦労しても必ず誰でも出来るようになります。

慣れると色んなボールに対応が出来るようになり、
とてもプラスになる使い方です。

オープンスタンスのコツ

  1. ボールが飛んで来たら上半身だけ捻じる。
  2. 同時に重心をフォアなら右足に乗せる。(バックは左足)
  3. 真っすぐした姿勢をキープしてボールが来るまで待つ。
  4. 捻じっていた上半身を正面向きに戻すタイミング
    打ちます。

フォア側に来たボールにはサイドステップで近づいて、
右足で距離感を取るクセをつけましょう。

バック側は左足で距離感を取ります

練習方法
ショートラリーなどの簡単なボールで、フォアもバックも
踏み込まないでオープンスタンスの練習をします。

ショートラリーで出来るようになると、実際のラリーで
フィードバックされる事が早くなります。

ボールに待ち切れない時は、上記のように足を横では無く
前に出しましょう

体に身に付くと?

ボレー対ストロークなどで、時間に余裕がない時などに
簡単に返せるようになります

相手に動かされて、コートサイドからのボールも狙って
自在に切り返す事が楽に行えます

コートサイドからオープンスタンスで打てると、打った後に
そのまま切り返して戻れる為、リカバリー力がアップします

オープンスタンスで上体の捻じり戻しで打つ事に慣れると
色んなボールにも対応が出来るようになります

オープンスタンスが出来るとディフェンス力も固められ
テニスの幅が広がりプレーが楽しくなります

オープンスタンスのまとめ

  • 1つの打ち方だけだと対応が出来ないボールもある。
  • 足の位置を変えるだけで色んなボールに対応が出来る。
  • ボールを迎えに行かないで待つ事を覚える。
  • 上半身だけの捻じり戻しでボールを打つ
    タイミングを覚える。

誤字脱字がございましたらお許しください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です