浮かないバックハンドスライス【 解決策 】テニス

バックハンドのスライスを操れると相手にとっては
嫌なショットの一つでもあります。

せっかくバックハンドでスライスを使っても
ボールが浮いてしまうと台無しとなってしまいます。

バックハンドのスライスはちょっとした面の角度で
ボールが簡単に浮いてしまう危険性もあります。

浮いたスライスはただのチャンスボールとなり
一気に攻め込まれます

せっかくペースを変える為に打ったスライスが、
ゆるく浅いボールだと形勢逆転となってしまいます

滞空時間の長いボールで守りを固めたつもりが、
浮いて浅いボールだと戻る前に攻め込まれてしまいます

万能なショット

自分はバックでスライスを使い始めたころにボールを打つと
どうしてもボールが浮いてしまうことに悩んでいた時期があった。

基本的に打てるボールはスピン回転で打っていたけど、
全てのボールをスピンでまかなうことはどうしても出来ない

相手と対戦する競技なので体勢が悪い時はかわせるスライス
とりあえずの処理を行う事も多々ある。

とりあえずの処理が短いボールになると手がつけられなくなる
さらに厳しい所に打たれて不利な状態に追い込まれてしまう

自分からしっかり打ってのミスなら踏ん切りもつく
とりあえずかわしたショットが攻め込まれると腑に落ちない。

「これならいっその事一か八かでスピンで打った方がいいかな」
という発想にもなる。

ただテニスは、エースの数が多い人が勝つのではなく
ミスの数が少ない人が勝てる競技なのです。

一か八かを選ぶより、この課題をクリアした方が
勝てるようになる。

ミスの原因

その後はバックのスライスに興味を持って
色々な人のスライスを観察しました。

人によってテイクバックの位置が違う。

高く顔の位置にセットする人もいれば、
首の高さにセットする人もいる。

共通しているところはグリップがコンチネンタルで、
打点の位置もほぼ同じ前方である。

ボールを捉えるときの面の角度がほぼ一緒なので、
ラケットがボールに触れる位置が一箇所だった。

自分との大きな違いはラケットがボールに触れる位置だった。

自分は下図のようにボールを捉える位置が地面に近いほうの、
ほぼボールの下側にラケット面が触れていた。

この位置はボールが上に飛んでしまう

 

それに対して上手い人は、下図のようにボールの下側じゃなく
ボールの後ろ側の斜め下に触れていた。

この位置はボールが真っすぐ飛びだす

このラケットがボールに触れる位置の差が真っすぐ飛ばせるか、
上に飛んでしまうかの違いでした。

解決方法

ボールが上に飛ぶ人のほとんどは、グリップが
フォア側に近い持ち方なのです。

無意識でフォアに近い位置にズレてしまう人が多いです。

簡単に正しい位置を捉えるにはグリップの持ち方を
コンチネンタル(包丁を握る感じ)にして慣れること。

注意
競技志向でやる場合はコンチネンタルに慣れる
事をおススメします。 

しかし慣れるまでが大変、ボールが下に飛んだり
ネットを越せないなど、ミスのオンパレードです。

周りに迷惑をかけてしまいプレッシャーを感じてしまう為
続けられない…

練習も沢山する時間も無いし、そこまで競技志向ではない。

心が折れないでやり続けることが難しいですよね。

そこで自分が実際に行い解決した方法は、
グリップは今までの慣れた持ち方です。

解決策
手首の角度を調整するのです。
手首の外側を少し出しながらボールを捉えるイメージです

別の言い方だと手の甲を出しながらです

そうすると、ラケット面が上を向きすぎないで
丁度良い立ち加減の角度になります

ボールが上に飛びづらい面を作れます。
手首の形は最後まで崩さないようにキープします。

慣れてきたら振り下げる部分のスイングスピードを
早めることで、バウンドしてからボールが滑り出します

スライスの効果

滑るボールになると、相手からネットミスを
誘えるようになります

スライスは同じフォームから、ドロップショット
ロブショットにも切り替えられるメリットもあります。

スライスに慣れてくると、バウンドしたボールをコートの
外側に曲げながら飛ばすボールも打てるようになります。

逆に相手の滑ってくる打ちづらいスライスボールには
スライスで対応するとミスなく返球できます。

少ない力で多彩な攻撃を仕掛けられるので、相手を動かす事と
自分の体力の温存もできるのです。

まとめ

  • ボールが浮く原因はラケットのボールに触れる
    位置が下側である。
  • グリップはそのままで、手首の形を調整して
    ボールに触れる位置をボールの後ろ側斜め下にする。
  • 手首の形は、手首の外側を少し出しながら
    ボールを捉えるイメージ。

誤字脱字がございましたらお許しください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です