【サーブ】グリップの握る位置の特性

サービスのグリップは握る位置によって色々な特性があります。

どんなサーブが打ちたいのか?

どのくらいのレベルが目標なのか?

などによっていろいろ変わってきます。

今回の記事はグリップの握る位置に悩みをお持ちの方に、
それぞれのメリット・デメリットをご紹介いたします。

少しでもサーブに自信が持てるきっかけになれば幸いです。

グリップの位置で伸びしろが違う

本当は良いサーブが打ちたいのに、上手く打てない

ゲームをするとサーブが不安定なので、気が気じゃない

動画で自分のフォームを見たら、カッコ悪く落ち込んだ

なんて感じた事はありませんか?

サーブはグリップの握る位置ひとつで、出来る事が
色々変わってきます。

打ちやすいからと言って握っていると、自分が目標とする
質の良いサーブが打てない事もあります。

サーブを入れられれば良いだけなのに、本格的な握り方だと
時間がかかり過ぎて楽しさが半減する事もあります。

始めたばかりの時は簡単で打ちやすい握り方でスタートして、
目標によって徐々に握り方を変えていくのも1つの方法です。

テニスでは、唯一サーブだけが相手に左右されない
自分のペースで先制攻撃が出来るショットなのです。

相手と対決する勝負なので自分のペースで先制攻撃が出来る
ショットは武器にする価値は大いにあります

楽しさや勝率の伸びしろが大きく変わってきます。

ただ、サーブが「イン」の時はベースラインの深さじゃない為、
短いボールである事を忘れないで下さい。

なので、回転の少ない普通のサーブはコート内で打てる
ただのチャンスボールになってしまうのです。

要するに相手が先制攻撃をしやすい環境の為、
コースや回転量を駆使して打ちにくくする必要があるのです。

握る位置のメリット・デメリット

握り方は、上の写真の親指と人差し指の指の間の赤丸の部分が
下記のグリップ図の赤丸の位置に合わせます。

コンチネンタルグリップの特性
最も薄い握り方で、上級者にはポピュラーな握り方です。


メリット

  • 振り始めから押さえ込みまでリストを
    最大限活かせる
  • 回転もかけやすい。
  • スピードも出しやすい。
  • 振り抜きやすいので安定させやすい

デメリット

  • 慣れるまで時間がかかる
  • 初心者には飛ばしにくい。
  • 振り抜け無いとネットミスが多くなる。

下の写真はコンチネンタルグリップでのインパクトの形。
手首に負担がかからないスムーズな状態。

◆イースタングリップの特性


メリット

  • リストもそれなりに使えます。
  • コンチネンタルグリップよりは導入しやすい
  • 回転もかけられる。
  • 振り抜いて打ちやすい。

デメリット
  • 回転を意識して振り抜かないとオーバーする
    ミスが出やすい。
  • 手首の形を上手く使わないとサーブが
    不安定にもなる。
  • 多少手首に負担がかかる。


下の写真はイースタングリップでのインパクトの形。
手首を少し曲げてインパクトの形を作る必要があります

◆セミウエスタングリップの特性

メリット

  • 初心者でもすぐに覚えられる。
  • 羽子板打ちように手のひら感覚でボールを打てます。
  • 比較的コースを狙いやすい。

デメリット
  • リストで押さえ込む使い方が出来ない。
  • 回転がかけにくい。
  • ボールにパワーを伝えにくい。
  • 風に左右されたミスが出やすい。
  • 回転をかけようとすると手首に負担がかかる


下の写真はセミウエスタングリップでのインパクトの形。
ヘッドをきかした押さえ込みにくい握り方です

コンチネンタル イースタン セミウエスタン
安定度
球種
回転量
攻撃力
導入
タイプ 時間がかかっても上手くなりたい向上心のある人向け。 良いサーブは打ちたいけど早く覚えたい人向け。 サーブは取りあえず打てればいい人向け。

メリットは?

正しいグリップの位置でサーブが打てるとコート内に
入る確率も上がってきます

入る確率が上がると不安も軽減されます

リストが最大限活かされるので、パワーも出てきます

正しいグリップで行うとラケットを振り抜かないと
ボールが飛ばないので振り抜く癖がつく

ラケットを振り抜けると回転もかかり、
風の影響を受けにくくなる

回転がかかると相手も打ちにくくなります

まとめ

  • グリップの握る位置によって出来る範囲が変わる
  • サーブは唯一相手に左右されないで自分のペースで打てる。
  • サーブはネットを越えてすぐの枠のため、短いボールと同じ
    事なので回転やコースを駆使する必要がある。
  • 慣れてきたら徐々にコンチネンタルに近づけていくと
    最大限の力を発揮できる

誤字脱字がございましたらお許しください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です