スムーズに振り出すサーブのコツ テニス【初中級 必見】

ストロークには自信が持てて来たけどサーブには
全く自信が持てない

特に女性の方で多いのがボールを投げられないため
サーブの時の腕の使い方がわからない

男性でもボールは投げられるが、ラケットを持つと
スムーズに連動しない

うまく腕を使えないから全くスピードが出ない
力も伝わらない

狙うことよりも飛ばすことで精一杯

サーブを打つ時のぎこちない動作を直したい。

そんな方へ、サーブで腕をスムーズに使う方法
ご紹介いたします。

サーブが上手く行かないとゲームやポイントで対決するとき
プレッシャーを感じてストレスにもなりますよね

自信無く打つため、思った通り入らないと、
さらに落ち込んでしまいます

やっとサーブが入ったとしても、ボールに勢いが無いと
相手に自在な攻撃をされてしまいます

サーブが不安定だと先制攻撃が出来ないため、
いつも不利な状態で戦うことになります

せっかく試合をしたら勝ちたいと思っているのに
サーブが不安定だとサービスゲームを落としてしまいます

天と地の変わりよう

自分は中学からテニスを始め色々な事がそれなりに出来るように
なったのですが、サーブが全く打てませんでした。

ボールも5mぐらいしか投げられなかったのです。

小学校までは少年野球でピッチャーをやっていました。

それで何でサーブが打てないの?
と、 思いません?

実は少年野球は右投げ右打ちでした。

右腕は自在に使えるのですが左腕は経験値が無いので
全く操れませんでした

ただ、字を書いたり箸を持つ手は左手だったので
左の要素もあったと思います。

テニスを始めた時も右側のボールは右腕で、
左側のボールは左腕で打っていました。

テニスは左利きが有利なので左手でテニスを始めました。

ストロークやボレーはスムーズに上達をしていましたが、
サーブだけは全くボールを飛ばせられませんでした

ボールも投げられないので、スムーズな腕の使い方
全く分からなかったのです。

体も大きくストロークはパワフルなボールを打てるのです。

しかしサーブになると、ハエが止まれるような
へなちょこサーブでした。

人に見られるのが恥ずかしくてたまりませんでした。

練習試合をやってもサービスが飛ばせないので、
サービスゲームをキープすることは夢のまた夢でした

サービス練習で打っても打っても力が伝わらず
ボールがラケットに当たる感触が分からなかったのです。

別人になれたシンプルな練習方法

しかし、それがある日突然びっくりするような
サーブに変われたのです

全てがかみ合い腕と身体も連動して、打ち応えのある
サーブを実感できたのです

サーブの練習だからと言って実際に打つだけが
練習では無かったのです

自分がコーチに教わった練習方法は、ラケットも使わずに
家の中で出来る、シンプルな練習でした。

解決策
それは長方形のタオルの端っこにボールを包んで
ボールが取れないように結びます。

ボールが付いていないもう片方を、グリップを持つように握り実際のサーブを打つように素振りをしただけなのです。

タオルの端に付いているボールが体に当たらないように
背中でくるんと回してフィニッシュまで持ってくるのです。


画像を見つけたので参考にしてみて下さい。
この画像と同じ練習を家の中で何回も行いました。

右利きの場合
*文字でイメージができなかったら上の画像を見て下さい。

  1. サーブを打つように横を向き、両腕を同時に外に開く
    ように
    頭の上まで持っていきます。
  2. 右腕は動きを止めずに背中側でボールの付いている先端を
    反時計回りで身体に当たらないようにくるんと回す
  3. くるんと回して戻ってきたらサーブと同じ
    フィニッシュの方に振り抜く。

これはボールの重さを利用してラケットを背中側で下げる
感覚と、背中から一気に振り上げる感覚を覚えるのです。

何度も繰り返して身につけてください。
ラケットを持っても同じ感触になるまで練習をしましょう。

腕の使い方が身に付くと

サーブの安定感が目に見えて良くなります

腕を正しく使えるようになると、とにかく気持ちの良い
打球感を得られます

サーブのスピードも確実に今まで以上に上がります

基本の形が身に付くと、スライス回転にも応用が出来るので
綺麗なフォームのスライスサーブが打てるようになります。

フォームが綺麗になるので動画で撮影して確認して下さい。
自分のフォームの綺麗さに満足します

まとめ

  • 誰でも練習さえすれば良いサーブが打てる
    ように変われる。
  • タオルを使って正しい腕の使い方を身に付ける。
  • 背中側でラケットを下げる感覚と、一気に振り上げる
    感覚を覚える。

誤字脱字がございましたらお許しください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です