テニス 楽ちんスプリットステップ【感動する反応】

スプリットステップをした方が良いとは聞くけど
慣れないと忘れますよね

「ステップするぞ」と意識があってもラリーが繋がり
2往復くらいすると頭から消えちゃう人も多いです。

スプリットステップが出来るようになっても、タイミングが
ズレているとムダな動きになって疲れるだけですよ。

ステップのタイミングが合っていても、着地のつま先
斜め右方向に向いているとフォアのみ専用ステップです。

フォアのみ専用ステップは無意識でやっている方が多く、
バックボレーの反応を遅らせる事になります。

スプリットステップは、全てのボールに対して素早い反応をする
為に行うのです。

なぜ素早い反応をしなきゃならないか?

テニスは一瞬で判断をして、一瞬で行動を取る必要がある
スポーツなのです。

レベルが高くなるにつれて、違う次元での高速な判断と行動の
繰り返しをしています。

なので少しでも反応は早い方が時間の余裕もできて、
判断と行動が正確に出来るようになります

と、考えると上達する上で「スプリットステップ」は
忘れちゃいけない重要な部分になります。

海外に行くのにパスポート取り忘れたのと同じくらい
忘れてはいけない事なのです。

体力に合ったスプリットステップ


上の画像はヒンギスの「通常のスプリットステップ」です。

実は自分も初めはスプリットステップを深く考えて
いませんでした。

結局ボールに追いつけば良いのでしょ」くらいでした。

足も速く運動神経も自信があったので、ステップの練習より
ボールを打つ練習をしたかったのです。

しかし、コーチは「これが身に付いたら上達は早いよ」と。
意味も理解出来ないまま練習をやっていました。

ある日、突然ボレーの練習に切り替わりました。
初めてボレーの練習をやることでワクワクしていました。

コーチが「実際の試合で相手が打ってくる所にボールを
出すから、先ずはラケットに当ててみて」と。

自分は野球もやっていてノックを取る練習は慣れていたので、
楽勝じゃん」と意気込んでやってみたのです。

ところが、余りにもボールを触れないのです

足が一歩も出せなかったり、ラケットも出なかったり
一か八かの予測をして届いたボールはありました…

野球のノックはボールがバウンドしながら来るのでスピードも
落ちていたので動きが間に合っていただけなのです。

ボレーの場合は距離も近くで、ノーバウンドのボールが
飛んで来るので一瞬の素早い反応が必要でした。

ストロークでも、強い相手になると早いボールで
攻めてくるから常に素早い反応が必要だと教わりました。

それからはスプリットステップを身につける猛練習をして
身に付けることが出来ました。

一度身に付いたスプリットステップは
いつでも無意識で行えます。

30歳ぐらいの時に膠原病を患ってしまいました。

膠原病は体の軟骨が徐々に無くなってしまい、
関節の可動域が狭くなりました。

特に足首の軟骨がなくなり可動域が極端に狭くなり、
スプリットステップをすると両足首が腫れるようになりました。

補足

通常のスプリットステップは、ジャンプをして着地する動作。

足首が腫れると、日常生活やコーチの仕事にも差し支えるので
足首に負担がかからない方法を日々模索していました。

ある本を見ていたら自分が教わったスプリットステップ以外に
足に負担をかけずに素早く反応して動く方法を見つけました。

それは古武術と言うもので、日本古来の武芸のようです。

相手の一瞬の攻撃から身をかわす動きなど、テニスでも
応用できそうなので取り入れてみました。

このステップをやってみると足の負担も少なく
素早い動きが出来ることに驚きました

スプリットステップの方法


上の画像は古武術ステップです。

古武術のステップ

イメージは昔の子供のいたずらの「膝かっくん」です。
膝の力が急に抜ける感じを自分で行うのです。

一瞬中に浮いた状態となり、着地後に素早い動き
可能です。

  1. 相手が打つ前は構えて静止の状態
  2. インパクトに合わせて両膝の力を抜く。

つま先は打ってくる相手の方向に向ける。

*体力が無くても出来ます
*身体や体力的に自信がない人向け

通常のスプリットステップ

ジャンプして着地なので、ジャンプのタイミング
特に重要です。

着地もインパクトと同時に行います。

  1. 相手が打つ少し前にジャンプをする。
  2. インパクトに合わせて両足で着地する。

つま先は打ってくる相手の方向に向ける。

*慣れないと体力も使います
*身体や体力的に自信がある人向け

ステップのタイミングが合いだすと

正しくタイミングが合うと、感動するくらい
反応が早くなり、スタートも早くなります

公衆トイレに入ってトイレットペーパーが無いことに気づき、
上の棚を見たら予備を見つけたくらい嬉しくなります

反応が早いと脳からの伝達も早くなり最適なコース
見つけられます。

身体の反応が早いと、素早く移動して良いポジション
ボールを打てるのでムダなミスが減ります

反応が早いと手堅い守りができ、ボールを返す事ができるので
簡単に負けなくなる

素早い動きは攻撃のチャンスを逃さなくものにできる

スタートが早いと動きの効率が良いのでムダに疲れない

まとめ

  • スプリットステップはボールを安定して打つために
    早めに身につける必要がある。
  • 自分の体力に合ったスプリットステップを見つける。
  • 相手のインパクトに合わせて着地のタイミングを合わせる。
  • タイミングを合わせられると驚くほど素早い動きができる。

 

誤字脱字がございましたらお許しください。
最後までお読みいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です