【テニス】フォア ドロップボレーのコツ

テニスは左右の動きより前後の動きの方が体力の消耗が
激しい
の知ってました?

ストロークが得意な選手は特に使うべき揺さぶりです。

ただ、相手を左右に動かす事よりも、前に走らせる
ドロップショットは少し難しい感じがしますよね。

これも考え方ですが、決してドロップの一発で決める
のではなく、相手を前に走らせる程度で気楽に打ちます。

意外と力を抜く感触だけ掴めると難しくはないのです。

今回の記事はドロップボレーを上手く打てない方に、
ドロップボレーのコツをご紹介いたします。

少しでもドロップボレーに自信が持てるきっかけになれば
幸いです。

やらないと身に付かない

ボールを短かめに打つと中途半端に飛距離が出てしまい
相手に攻撃されてしまう

ドロップボレーをすると上手くガットに当たらなく
ネットを越えない事が多い

当たりそこないで短く行くけど、意図的には出来ない

失敗が怖くてチャレンジが出来ない

相手を前後左右に揺さぶる技術は、相手のミスを誘う為に
重要な要素です。

身に付ける価値のある技術なので、自分の攻めのカードも
増やせられてテニスの幅も広げられ楽しみも広がります。

やらなければ身に付けられないし、完璧な100点のショットを
求めないで、何事も「チャレンジする練習」だと思いましょう。

チャレンジするから、コツも分かってきます。

経験値という情報量が、自分に判断力を身に付けてくれます

走らせるテクニック

当時自分がテニスを習っていた時はドロップショットは
良く思われないショットの一つでした。

卑怯なショットの一つと捉えられていました。

プロの選手も普通に使っていましたが、ドロップショットを
打つことは当時はタブーな感じでした。

本当はドロップショットが上手いとボールタッチが
優れている証拠なのです。

かなり昔、自分がテニスを始めた頃にインターハイの決勝戦が
テレビで放映されていました。

今でも有名な関西の高校で、テニス雑誌によく載っていた
選手の姿が映っていました。

その選手はボールを深く打った後に短く打ったりと
前後左右に相手を器用に揺さぶっていました。

見ていて「凄いな、こんなにボールを操れるんだ」と思って
驚いて見ていました。

自分がテニスを習った時も、テニスは「人のいない所に
打つようにする」と、聞いておりましたが、

その選手がドロップショットをやってポイントを取る度に
解説者が「高校生らしくないプレーだ」など、

不満ばかり言っていました。

なぜ勝つ為の作戦が高校生らしくないのか?

なぜドロップショットが高校生らしくないプレーなのか?

ドロップショットという技は正々堂々と対決をしていないのか?

昔からあるプロ野球や、高校野球の敬遠は意図的に
勝負を避ける行為は正々堂々としているのだろうか?

と、当時は疑問に思っていました。

やっと今はドロップショットなどのスゴ技が、
テクニックとして評価されるようになりました。

ドロップショットは勝つ為には必須なテクニックの
1つなのです。

ドロップボレーのやり方


フェデラーのリストの角度と、衝撃を吸収した時の
ヘッドの動き方を参考にして下さい。

リストの解放でボールの勢いを吸収します。
リストを解放するには、指の脱力をします。

指の握りは柔らか過ぎるくらいの握り方にします。

先ずは腰から下の低めのボールで練習をする。
低めのボールは、ドロップボレーがやりやすいのです。

フォアボレーのコツ

  1. レディポジション時の腕とラケットの角度のままで
    ドロップボレーは打ちます。
    (この角度がリストの遊び部分が多く、ボールを吸収しやすい)
  2. 飛んで来たボールの高さに手首の角度を変えないで
    ラケットをセットする。
  3. 同時に指の力を抜いて待ち、リストを解放しやすい環境を作る。
  4. インパクトで、ボールがラケットに当たった衝撃を
    吸収。

*ラケットヘッドが後ろに弾かれる感触でボールを吸収します。

補足
打つ前のラケット面は寝かせ過ぎないでネットと平行気味
にしておく。

握っているグリップの指と手の平に若干空洞を
作るくらい柔らかく握ります。

ワントラップボレーは、ボールを吸収する為の練習なので
おススメです。
ワントラップボレーの時は、トラップを上にあげますが、
これをネット方向にトラップする感じがドロップボレーです。

ワントラップボレーの画像です。

注意

ドロップボレーは一発で決めようとするからリスクが
多きくなります。

あくまでも前に走らせる為のショットと考えましょう。

ドロップボレーを混ぜると?

自分の攻める範囲のパターンを広げられます

攻めのカードが多いと試合を有利に進められます

短めのボールは攻撃がされにくいのと、大振りをしない
ショットなのでリスクも少ないです

相手を前に走らせる行為は相手も嫌がるので、
試合の全般から相手を疲れさせる事が出来ます

強気で打ち込みづらい状況の時でも、ドロップボレーは
使いやすいので急に作戦を変える事も出来ます。

ドロップボレーを打つ事で更に柔らかさが身に付き、他の技術
にも活かされるので全体的に技術が向上しやすい状態になる

ドロップボレーのまとめ

  • ドロップボレーは指の力を抜いてリストを解放する
    だけなので簡単なショット。
  • 100点のショットを求めないで、チャレンジの練習をする。
  • 一発で決めるのでは無く、相手を前に走らせる為のショット。
  • 力が抜けると、全てのショットを向上させられる。

 

誤字脱字がございましたらお許しください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です