【テニス】フォアハンドの「打点」を安定させるコツ

フォアハンドに自信を持っているか?持っていないか?で、
試合での心の余裕が大きく変わります。

特に緊張感のある場面では、自信の度合がハッキリと現れます

ボールを打つ事が一番多いショットの為、ただ打つだけで無く
攻めと守りのボールがそれぞれ効果的である事も重要です。

今回の記事はフォアに自信の無い方に、打点を安定させるコツを
ご紹介いたします。

少しでもフォアに自信が持てるきっかけになれば幸いです。

打点の位置

フォアハンドを安定させる為には、打点を一定にさせる事
とても重要なカギとなります。

ミスショットには打点のズレ面の角度腕の力み
など色々とあるのですが、

打点を一定にさせる事は、ボールを安定して飛ばす
根本の部分なのです。

打点が一定していないと面を正しく出せても、力まないで
打てても、ボールは安定しないのです。

根本が不安定だからショットも不安定になります

  • たまに狙った位置より大きくズレたミスが出てしまう。
  • 試合に出ると1回戦などの前半は不安で思い切りが悪い
  • 大事なポイントになると怖くて振り抜け無い
  • 練習では入るけど、試合になるとミスショット
    多くなる。 

打点の不安定が原因で、ショットも不安定になり
自信が持てないと上記のようなミスも起こります。

試合になると基本は相手のバックにボールを集めて
様子を見るのですが、

試合に慣れている人は、相手の自信が無さそうな部分
簡単に見抜き打たせてミスを誘う事もしてきます。

フォアの正しい打点の位置は体の位置より
ネット側の前方ですが、

打点が不安定な人は、後ろ側で捉える事が多いのです。

打点が後ろの為ボールを飛ばしにくいのと、安定した同じ位置
ボールを捉えづらくなります

打点が前方であると、体の使い方を利用して安定した同じ位置で
捉えることが簡単に出来るようになります

ただ、前方と言っても前過ぎるお尻を後ろに突き出した
体が泳ぐ打ち方になってしまい逆効果にもなります。

その為、ボールを引きつけながら前方で取るコツが
必要になります。

打点を安定させる方法

打点が前過ぎても上手く行かなく、後ろの打点はもっと上手く
行かなくなってしまいます。

インパクトでは体の向きが正面向きになり、顔の向きは横向き
になります。

やり方
  1. ボールに合わせて、顔もボールの動きと同じにする。
    飛んでくるボールから自分の打点の前まで顔(目)で
    ボールを追う
  2. インパクトからフィニッシュまで顔の位置を残す
    顔の位置を、ボールが飛んで行く方向と逆方向に
    動かす
    イメージです。
  3. インパクトからは、後ろ側にあった右肩が前に出てくる
    ので、フィニッシュで右肩に顎を乗せる感じなります。
補足

打点を安定して前方で捉える為に、インパクトの瞬間は
ガットの後ろからボールを見るイメージです。

動作が出来ると?

打点が安定するので、フォアに自信が持てるようになります

相手の速いボールにも安定した位置でボールを捉えやすくなり、
ミスが少なくなります

打点が1箇所に安定すると、狙うコースがより正確
方向性が定まってきます

打点が前方の1箇所になると、手首や肘に負担が
掛からなくなるので怪我の予防にもなります

打点が前方になるとボディターンを使って打ちやすくなるので、
楽にボールを飛ばせる

フォアの打点を安定させるコツ まとめ

  • 打点が一定しないからボールも不安定になり
    自信を持てない
  • フォアを安定させる打点は、前方の一定した位置が重要。
  • 顔はボールの飛んで行く方向と逆方向に動かして
    残すイメージ。
  • チェック方法は、フィニッシュで右肩に顎をつける

石井弘樹の SIMPLE TENNIS SERIES vol.1 フォアハンドストローク編

誤字脱字がございましたらお許しください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です