【テニス】知らなきゃ損する左手の使い方 フォアハンド

ラリー中に急な予想外のアウトが出たりしませんか?

「なんで急に、こんなアウトするの?」

焦りと、またいつ起こるのか不安を感じませんか

そんな不安のままプレーをしていると、

緊張感のある場面などで「失敗したくないなぁ~」と
思った時は案の定失敗してしまうのです

普段の練習でも、プレー中は常にラケット面を把握しながら
プレーをする必要があります。

面の把握が出来ているのといないのでは、準備する面の正確さ
変わってきます。

そこで今回は面が不安定でお悩みの方に、
面の向きを把握させやすい左手の使い方をご紹介いたします。

不安な気持ちが少しでも解消されて、テニスに自信が持てる
きっかけになると幸いです。

安心できるものが「有る」と「無い」では大違い

絶対コートに入れられるショットが1つでもあれば、
心の余裕が違います

特に使う数の多いフォアハンドに不安な気持ち
無くならないと、勝つ事が難しくなります

安心という保険のショットが有ると無いとでは、
チャレンジする度合いが変わってきます。

構えた時に普段なにげなくラケットを支えている左手
あまり意識しませんよね

私もテニスを始めた頃はそうでした。

ボールを操れるようになるまではラケットが使いにくい道具
感じながらテニスをしていました。

経験を積んでテニスに慣れてくると、この使いにくい道具
楽しいおもちゃに変わってくれるのです。

この楽しいおもちゃは雑に扱っていては
操ることが出来ないままです。

操るためには手先を繊細に感じさせて、触れた感触で
「面がどうなっているか?」を把握できる必要があります。

テニスに慣れてくると無意識で使っていた左手が、意外と
重要な役割がある事に気づかされます。

ラケットを引くときに細かな面の確認作業などもあります。

正確でスピーディーなグリップチェンジも左手で行います

フォア側に来た相手の速いボールに振り遅れにならないために
素早いテイクバックを取るのも左手の作業となります。

フォアのテイクバック中でも、今はどのくらいの角度の状態で
あるのかを左手から脳に伝える必要もあるのです。

他にもフォアかバックか判断できたら
直ぐに左手で準備のきっかけを作ることもします。

何と言っても右手のグリップと左手のシャフトを持つ部分で
ラケット面の向き二重で確認することなのです。

試しに、左手を添えないで右手だけでフォアを打つと
グリップのズレが起きてくる事がよく分かります。

しかもグリップを正確な位置合わせにくいのです。

バックハンドが両手打ちの選手でも、フォアを打つ時には
左手をシャフトの上側を持っている選手が沢山います。

スピードのあるボールを精密機械のようにコートに
入れるには、正確な面の把握が必要なのです。

誰もが攻撃を仕掛けられるフォアハンドは、グリップの正確な
位置合わせが安定感を左右します。

左手のシャフトと右手のグリップ両方の手で確認する
必要があります。

左手の位置と使い方

左手の使い方

[右利きの場合]
レディポジションの時にフォアの面が地面側に向くように
ラケットを寝かせてセットする。

  1. この時に左手の手の平と指にラケットを載せる。
  2. 指はラケットが落ちないように添えておく。
  3. ここで8~9割くらいは左手でラケットを持って、
    右手のグリップは軽く触れておくだけです。*ポイントは、左手の人差し指で繊細さを感じること。
補足

この時点で両方の手の指に力は入れない

ラケットを繊細に感じるためと、指に力が入ると
腕とリストが固まって素早い動きが出来なくなります。

フォアにボールが来たら、左手でラケットを押し上げるように
テイクバックをする。

バックにボールが来たら、左手をグリップに移動させます。

注意
[バックハンドが両手打ちの場合]

レシーブの時は、相手の早いサーブにフォアもバックも
対応させるため左手もグリップに添えて待つ。

左手のラケットを支える位置も3タイプがあります

指がガットに触れているタイプには錦織圭・チリッチ・
キリオス・フェレールなど


ラケットの中間を持つタイプ
(一番多いタイプ)には
ジョコビッチ・フェデラー・ナダル・大阪なおみ
ハレプ・クビトバなど

グリップを握っているタイプにはセリーナ・
ウォズニアッキ・シャラポワなど。

《タイプ別のおすすめ》
指がガットに触れるタイプラケットの中間を持つタイプ
フォアで一気に攻撃をしたり、細かなテクニックも混ぜて
フォアを主体としたプレーをしたい方におススメです。

グリップを握っているタイプ
フォアもバックも手堅く返して、
安全にポイントを稼ぎたい方におススメです。

色々な効果

手に力を入れないで構えているので、グリップの
正しい位置確認ができる

グリップの位置が正しいショットが正確になる

レディーポジションの時点で面の準備ができているため
そのままボディターンでテイクバックも素早く完了できる

テイクバックが早いと相手のスピードボールにも対応ができる

左手を繊細に使う事が身につくと、両手のバックハンドにも
繊細さが活かされます

左手でラケットを持っているので、右手のグリップに
余計な力が入らないようにできる

余計な力が入らないとより正確なグリップの位置を
感じ取ることができ腕をスムーズに操れるようになります

左手の使い方 まとめ

  • 左手には重要な役割があるので左手も意識して
    プレーをする。
  • ラケット面やグリップを正確に把握する為
    左手も使って確認作業をする。
  • グリップの位置が正確になると正確なショットも打てる

石井弘樹の SIMPLE TENNIS SERIES vol.1 フォアハンドストローク編

誤字脱字がございましたらお許しください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です