【テニス】強打しても収まるフォアハンド リストと身体の使い方

よっしゃ~、チャ~ンスと思って打ち込むとドカーン
アウトしてしまう

ここって言うときにフォアハンドで強打すると
ミスショットが出てメンタルも崩れてしまう

前の日はフォアハンドの調子が良かったのに、当日になると
全くダメになる

なんて事、ありますよね?

力みが入ると腕のしなりも無くなり回転のかかりも悪く
ミスがしやすくなります

スピードを落としてしまうとボールも浅くなり
簡単に追いつかれて逆襲されてしまう

せっかく打ち込むなら少しでもダメージを与えられて
さらに簡単なチャンスボールが来るショットじゃないと…

相手を動かし組み立てたのに全てが台無しになってしまう

そんなここっていうチャンスの時に息の根を止められる
ショットのリスト身体の使い方をご紹介いたします。

ハードヒッターの魅力

フォアハンドはスムーズに身体を使える為、
余計に力も入りやすくなります。

自分もチャンスボールが来て打ち込みにいってミスをした時は
落ち込むのと同時にイラだちで気持ちを抑えるのが大変でした

しかもチャンスボールはコート内へつめて放つので、
一瞬の冷静な判断力も必要です。

スピードが出ても入らないと意味がないし、

スピードを出すため通常より低めの弾道で通さないと
収まってくれない

いつもチャンスボールが安定して入っていたら
どんだけ心が楽になり自信が持てることか

テニスが上達して負けたくないと思うと、
より攻撃的なボールを安定させたいと思います。

やはり強い人の醍醐味であるスピードボールを
安定して入れられる技術はホレボレしますよね

人目を引くし、周りの人が「スゴイ」って思う時は
スピードボールで簡単にエースを取れる人である。

ドロップショットやアングルショットで決まる以上に
パワーショットで決まると誰もが興奮します

今はラケットもボールも素材が良くなって、昔と違って
誰でもボールを簡単に飛ばしやすなっています。

この飛ばしやすい素材で、打ち込んで収めるには
回転量も多くしないと収まりません。

常識的な打ち方も、時代によってかなり変わってきて、
昔教えられた打ち方とは大きく変わった気がします。

当時リストを使って打つと手打ちだからボールが死んでる
と、怒られていました

今ではテイクバックでラケットヘッドを後ろまで持って
行かないのです。

ヘッドを残した状態から、打つ時にリストをムチのように
使ってヘッドを回すスイングが当たり前です。

当時変則的で非常識な打ち方が、今では常識的な打ち方に
なっています。

自分も試してみたら、ビックリするぐらい回転がかかり
打ち込んでも簡単に枠に収まってくれるのです

回転量が多くなるので、今の飛ぶ素材のラケットにも
マッチして安心して打ち込めます

ねじ込む使い方


文字の説明で分かりにくい方は、上の画像(当時の教え子)の
フォアハンド(スローモーション画像)を参考にして下さい。

強打してコートに入れるには身体と腕を効率よく
使う必要があります。

  • リストを最大限に使える形のスタンバイをする。
  • 上半身をねじり右足に体重移動してパワーを蓄える
  • 右足で地面を蹴り上げてパワーの開放=ターンする。

今回はセミオープンスタンスでの打ち方です。

テイクバックの仕方

【右利きの場合】
構えた状態から上半身だけねじりながら、
右肘を身体の右上にセットする。(右脇を開ける)

この時にラケットヘッドはグリップの位置より
ネット側にヘッドを残しておきます。

同時に右足へ体重を移動させてパワーを蓄えます。

補足
ラケットヘッドはギリギリまでネット側にヘッドを残した時の
手首の形をキープしておきます。

左手は右手とラケットを押し上げるように
アシストして離します。

スイングの仕方

打とうと思ったら、右足で地面を蹴り上げ
パワーを解放させ、手首も解放させながらスイングする。

地面を蹴るので空中でボディターンとスイングを
している感じです。

地面を蹴り上げると自然にじっていた上半身
ターンして戻ってきます。

向上心に溢れる方に、おススメのDVDをご紹介します。

IMGテニスアカデミーで、錦織選手などの有名選手を
世界レベルに引き上げた実績を持つゲイブ・ハラミロ。

このDVDで世界のトップ選手と同じ最先端の知識を学び
レベルアップで周りの仲間をビックリさせましょう

知識は一生役に立つ財産となります。

ゲイブ・ハラミロの『Making Champions』 Vol.1 -フォアハンド- & Vol.2 -両手打ちバックハンド- [GJ0001]

腕をムチのように使えると


回転量が強烈に多くなります。

回転量が多いと急激にボールが落ちるためコートに
収まりやすい

跳ね上がり方も強烈になり相手には非常に
厄介なボールとなります。

スピードのあるボールで弾道が高くても急激にボールが
落ちてくれます。

力強く打ち込んでも収まる安心感があるので、
容赦なく打ち込めます

地面を蹴る事に力を使うので、腕の余計な力みが抜けた状態
なるため、腕を正しく操れミスも減るのです

テニスでもっとも打つことが多いフォアハンドが
武器となれば試合運びが楽になります

一番大きいのはメンタル的な安心感が持て
余裕も生まれてきます

余裕があると更に調子も上がり思い切りの良いプレイが
多くなります。

思い切りが良くなると果敢なチャレンジが出来るように
なります。

チャレンジをするから、次のステージへ上り始めます

まとめ

  • 打ち込むときに起こるミスショットは、腕の力み
    原因で起こる事が多い。
  • テイクバックでラケットヘッドをネット側にヘッドを残して
    関節のしなりを利用してボールの回転量を多くする。
  • 上半身をねじり右足に体重を乗せてパワーを蓄える
  • 右足で地面を蹴ることによってボールにパワーを加える。

誤字脱字がございましたらお許しください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です