【テニス】高く弾むボール 打ち方のコツ

ベースライン付近の高く弾む山なりのボールって
返しにくいですよね?

フォアは片手で自由な分、なんとか小手先の操作をして
返す事が出来ても、

バック側に飛んで来た、高く弾むボールの処理は
難しくないですか?

今回の記事は、深くて弾むボールの処理の仕方に悩みを
お持ちの方に、簡単に返せる打ち方のコツをご紹介いたします。

少しでも弾むボールの返球に自信が持てるきっかけに
なれば幸いです。

返すだけだと…

male tennis player in action

相手のボールが、山なりでベースライン付近に弾んで来ると
上手く返せない

打点も慣れていない高い打点なので、打ち方も分からない

しかも高い打点のボールは力が入らない

後ろに下がると、打点が遅れてボールが
サイドアウトしてしまう

試合慣れしている人は、この山なりの弾むボールを戦術として
使って来る人もいます。

相手が返球しづらい場所に打つ事が、ポイントに繋がりやすい
分かっているからです。

ベースライン付近に弾む山なりのボールの処理は、
打ち慣れていないのでミス返すだけになります。

なんとか相手コートに返せても、ボールが浅く入ってしまうと
チャンスボールとなり簡単に決められてしまいます。

ただ返すだけでは無く、しっかり振り抜いて狙う必要が
あるのです。

上手く返球が出来ない人のほとんどが、後ろに下がる事が
精一杯で、打つ為の準備が出来ていないだけなのです。

後ろに下がる移動の仕方も、ボールを見ながら後ろ向きに走る
ので、移動が遅くなりボールに追い抜かれ打点も遅れるのです

攻撃ができない

自分もテニスを始めて2年目の時の試合で、
この試練にぶち当たりました。

ある程度勝ち上がれるようになり、最後の試合となりました。

その相手には前の年の1回戦で、ボコボコに叩きのめされて
いたのでリベンジ戦でもありました。

1年経って対等に試合が出来るようになり、1年前より
パワーアップした自分はパワーでグイグイ攻めていきました。

ゲームもシーソーゲームとなり、決着がつかなくタイブレークに
入りました。

タイブレークに入った途端相手が戦術を変えてきたのです。

今までの激しい打ち合いから急にスピンの山なりボール
打ってきたのです。

その山なりのボールを私のバックハンドに集めてきたのです。

片手打ちだったのでバックの高い打点は力も入らなく
ボールが浅くなってしまうのです。

ボールが浅くなると相手は攻め込んで来ました

このままだと負けてしまう

なんとか力を加えて深く飛ばす事を考えました。

片手じゃ力が入らない、とっさに両手で打ってみたのです。

打った瞬間「あっ、力が入るじゃん!」

その場はなんとか両手で耐えて、チャンスがあったら回り込んで
フォアの攻撃でリベンジが出来ました。

この試合で、自分への大きな課題を見つける事が
出来たのと、

相手が行った戦術は、誰でも戦術の1つとして取り入れる
価値があると感じました。

弾むボールの返球

深くて弾むボールでも下がる時間の余裕があって、
打点を落とせて普通に打てる時は踏み込んで打ちます。

打点を落とす所まで下がれない時の対応方法です。

返球の仕方
  1. 打つ体勢で下がる
    ボールが来たら横向きを作りラケットを引きながら
    大股なサイドステップで下がります。
  2. 打つ準備をする
    後ろに下がったら、後ろ側の足に重心をかけて
    パワーを蓄える。
  3. 打つタイミング。
    打つと思ったら後ろのパワーを蓄えた足で
    地面を真上に蹴り上げながらスイングします。

*フォアもバックも同じ使い方です。


補足

  • 打点の高さは目線の少し上打てる位置を目標に
    下がります。
  • 重心を後ろ足にする事打点の空間を広くします。
  • 後ろ足で地面を真上に蹴る自動的にボディターン
    打てます。


上記は澤柳選手の画像です。1球目は下がって踏み込める
ボールで、2球目が後ろ足に重心を乗せた打ち方です。

さらに高度な対処方法で、山なりのボールに下がらないで
踏み込んでライジングで処理を行う方法もあります。

ライジング処理だと相手もペースを乱されて効果的なのです。

身に付くと?

力を上手く伝えられるようになり、返球が苦にならなくなる

ラケットを振り抜けるようになるので、守りをしっかり
固められる

ボールに勢いがついて飛び出すので、相手に簡単に
攻め込まれなくなる

打点が前で取れるようになると、守りの体勢からでも
狙うことが出来ます

高く弾むボールの打ち方 まとめ

  • 高く弾むボールは力を伝えにくい
  • 後ろに下がる時はサイドステップで下がる。
  • 重心を後ろにして打点の空間を作る
  • 後ろ足で蓄えたパワーをボールに加える。

誤字脱字がございましたらお許しください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です