【テニス】切れ味鋭い球筋のスライスボレー 腕の使い方

ボレーで繋げるようになったら次のステップで、
より効果的な球筋を打つ練習をしましょう。

常に上には上がいる事を頭に入れてレベルアップを
意識して行きましょう。

当てるだけのボレーは一見理に適って安全な感じがしますが、
ストロークが得意な相手には苦にならない球筋なのです

楽にパッシングショットを狙われます。

ボールの弾み方に変化が無いため確実に
芯を捉えてコースを狙えるのです。

なのでコースがちょっとでも甘ければ
パッシングの餌食になります。

ダブルスでも、ファーストボレーが当てるだけのボレーだと、
上のレベルの人は容赦なく強打してきます

要するに攻撃したつもりが不利な状態からのスタート
なります。

ファーストボレーが良い感じで深く入っても、
変化の無いボールは楽に返球されるのです

レベルが低い相手だと深いボールでミスをしてくれます。

自分がレベルアップしたいのか?

弱い相手にだけ勝てば良いのか?で話が違いますが、
今回はレベルアップしたい方にお伝えいたします。

回転が少ないボレーは相手のボールに
左右されたミスが起こってしまう事があります。

回転が少ないと空気抵抗が生まれないので
風に乗って流れやすくもなります。

バウンドしたボールが滑らないので相手のミスショットの
確率も低くなります。

レベルアップのために

当時中学生の時に、関東の有名なクラブへ練習に
行っていました。

当時、ボレーを教わったりもしましたが、細かい技術的な部分の
アドバイスが貰えなかったのです。

殆どがボレーは「コンパクトにスイング」という感じでした。

確かに間違いではなく、ボレーとは空中に浮いたボールを
地面につく前に打つことなのですが…

テニスを始めたばかりの人には分かりやすくて良いです。

現在は世の中のコーチレベルも上がって細かな技術的な
アドバイスをしてくれる所は多々あります。

ボレーは当てるだけのボレーと、スライスがかかっている
ボレーではバウンド後の変化が全く違うのです。

ある程度テニスができるようになったら質の良いボール
放つようにしないと、勝つことレベルアップは望めません。

少しでも相手のラケットの芯を外す工夫をする必要があり、
最低でも相手がミスをしやすい球筋を身に付けた方が良いです。

当時、自分も色々な方に習いました。

感じた事はやはり技術のある人が細かな使い方のアドバイスを
してくれました。

自分も教えて頂いたアドバイスと、当時の世界のトップ選手の
腕や身体の使い方を研究しながら色々と学びました。

そこで気付いたのは習い始めはラケットの真ん中に当てることを
優先したコンパクトスイングの練習。

どんな体勢や状態でも芯に当てる感覚を覚える。

次にその状態で繋いだりコントロールしたりできるように
なってから徐々に回転をかけた球筋の練習をする。

相手の嫌がるボールを打つ練習を多くする。

当てるだけのボレーとは、ガットの一箇所でボールを捉える
点で捉えるイメージでガットとの接触時間が短い

確実に返したい時や、難しいボールには芯に当てやすいので
守りの時は返球しやすいです。

攻撃の時にはスピードが出しやすいですが、
ネットやアウトのミスがでるリスクが高いのです

さらに攻撃の時はネットの通す位置の上下部分が
狭いためピンポイントで面を操る技術が必要となります。

スライス回転のボレーは、ガットにボールを滑らせながら
捉える線で捉えるイメージで、ガットとの接触時間も
長くなります

回転がかかり空気抵抗が生まれてコートに収まりやすいので、
ネットの通す位置の上下部分が広い範囲となります

その分スピードは落ちますが、攻撃の時の
リスクは軽減できるのです。

腕の使い方

腕の使い方のイメージは、両腕を身体の外に開いて閉じる動き
両肘身体の中心部で近づける動作です。

この肘の動かし方を、右利きの方は右腕だけで行います。

バックは逆に身体の中心部から両腕を肘から開く動きです。

解決策
テイクバック後の身体の横側にある肘を、みぞおち側近くまで肘を先行して動かすのです。

肘 ⇨ 手首 ⇨ ラケットの順番で動いてくる腕の動きです。

打点は、上記の腕が動いている最中の真ん中で捉えて下さい。
なので身体のちょい前ぐらいです。

注意
フォアボレーは、打点の前過ぎだけは特に注意してください。

ラケットは、グリップエンドからボールに近づく
順番のスイングです。

  1. グリップエンド
  2. グリップの上の部分
  3. ラケットヘッドです。

ですので、ラケットは後ろ側に軽く斜めにねかせた状態です。

バックもラケットの動く順番はフォアと同じです。

  1. グリップエンド
  2. グリップの上の部分
  3. ラケットヘッドです。

これに踏み込める時は踏み込みながら、踏み込む時間がない
ときは腕だけで行います。

注意
フォアもバックもラケットヘッドがグリップエンドを
追い越さない 

あくまでもスライスをかける為にラケットをねかせた状態
動かす。

ガットにボールを滑らせながら捉えるイメージが重要です。

スライス回転の効果

スライス回転は空気抵抗の影響で飛距離が出にくくなり
コートに収まりやすくなります

ボールにスライス回転がかかると、バウンド後の跳ね上がり方が
低い跳ね上がり方となり、相手が打ちにくい球筋になります。

空気抵抗の影響で飛距離が出ないので、ネットの通せる高さが
広くなるのでリスクが軽減されるのです

技術が身に付いたら、「ボレーが上手だね」と褒められる事が
多くなり自信がつきます

まとめ

  • スライス回転がかかったボールは、相手が
    打ちづらいボールである。
  • 空気抵抗の影響でコートに収まりやすくなる
  • フォアの腕の動かす部分は、身体の中央部分に
    肘を動かしていく
  • バックは身体の中央部分から肘を先行して両腕を開く動き

 

誤字脱字がございましたらお許しください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です