【テニス】 スピン回転に適したグリップの握り方 フォアハンド

テニスではグリップを握る位置はとても重要な部分なのです。

ズレてしまう事でミスの原因にもなり、安定させられない原因
にもなります

グリップの持ち方を聞かれて、
「このへん かな?」の大体より、

自分は「ここを握っている」となるようにグリップの握る
位置を把握しましょう。

この記事でグリップを握る位置に悩んでいる人
メリット・デメリットを解説したいと思います。

自分の特徴に合った握り方を参考にしてみて下さい。

自分に合っているのか

グリップの位置によって出来る事はかなり変わります。

この握る位置は本当に「自分に合っているのだろうか?」

この握り方で本当に「正しいのだろうか?」

と、思うことってありませんか?

間違った握り方をしていると必ず結果として現れます

簡単にネットを起せるはずが、ネットミスをしてしまったり

グリップチェンジをしていないせいで、簡単に入るボールが
アウトになったりもします

フットワークに自信がないのに自分の握りやすい位置だからと
間違ったまま握っていると、ミスの数は減りません

性格的に繋げることが苦手なのに、攻撃できない握り方を
していると、ストレスが溜まってテニスが楽しく無くなります

いつもの位置を握っていると思っていても、位置がズレ
いたりすると、イメージとの誤差でミスに繋がるのです

ハンマーグリップ

昔はボールが飛ばないウッドラケットだったので薄いグリップ
主流となっていました。

自分が教わった時は素材も少し良くなっていたため
セミウエスタングリップが主流となっていました。

現在はラケットの素材もよくボールが飛ばしやすいため
厚めのウエスタングリップが主流となっています。

当時自分がテニスを始めた時はセミウエスタングリップで
ハンマーグリップで握っていました。

ハンマーグリップは批判の多い握り方だったのです。

それは自分のコーチでもない周りにいる大人の方から、
沢山のアドバイス?を頂きました。

自分の持ち方が正しいと言わんばかりに、
ハンマーグリップだと安定させられないよ

根拠も無くアドバイスもらったものです。

確かに世界の有名な選手を見てもハンマーグリップの
割合が少なかったのは事実でした。

アドバイスを言われると頭の片隅に残ってしまい、
調子が悪い時に「変えてみようかな」と思うこともありました。

ただ、言っている人達も魅力的なボールを打っていなかった
ので説得力は感じなかったのです。

自分でも色々と試してみたのですが、ハンマーグリップだと
手首の可動域が狭まるのです。

フォアでラケットヘッドが下がりにくいのです。

無理やりやると下がるのですが、手首を痛めたり
負担をかけてしまいます。

しかし、握る位置をグリップエンドからはみ出しそうに
握るとリストの可動域も広がり手首も負担がかからないのです。

それに比べるとガングリップ(ピストルのように持つ握り方)は
ヘッドが自然にしっかり下がり縦のスピンがやりやすいのです。

今の時代でもハンマーグリップでやっているプロも
多くは無いですがそれなりにいます。

結局自分はどうしたかと言うと、
しっくりするハンマーグリップでやりました。

自分の個性を生かすことが出来るからです。

自分にはハンマーグリップの方が細かい操作
やりやすかったのです。

それと、強打をするボールと柔らかいタッチのボールの
両方を簡単に混ぜやすかったからです。

攻撃力を高める為にボールを強打するようになって
きてからはグリップを徐々に厚く握るようになりました。

性格的にも守るより攻撃することが自分に向いているのと、
ポイントをもぎ取ったときの快感が楽しかったからです。

スピンに適している握り方

◆薄めの握り(セミウエスタン グリップ)


握り方は、親指と人差し指の指の間赤丸の部分が
下記のグリップ図
赤丸の位置に合わせます。

下記は正面から見たセミウエスタン グリップの握り方です。

下記はセミウエスタングリップのインパクト時の腕の形です。
肘が伸びている状態の打点となります。

セミウエスタングリップ【メリット】

  • ボールが飛ばしやすい。
  • サイドの遠いいボールも返しやすい。
  • リストを使った細かな操作がしやすい。
  • 低いボールもスピードを出しやすい。
  • グリップチェンジがスムーズ。

セミウエスタン グリップ【デメリット】

  • 強打をするとアウトしやすい。
  • スピンはリストを使用する必要がある。
  • 慣れるまでは、高い打点が打ちにくい。
  • 強打を安定させるようになるまで時間がかかる。

◆厚い握り(ウエスタングリップ)

先程の親指と人差し指の指の間赤丸部分を
下記のラケット図の赤丸の位置に合わせます。

下記は正面から見たウエスタン グリップの握り方です。

下記はウエスタン グリップのインパクト時の腕の形です。
肘が曲がった状態の打点。

ウエスタン グリップ【メリット】

  • 攻撃をしやすいグリップです。
  • スピンも簡単にかけやすい。
  • 高い打点が打ちやすい。
  • 打ち込みやドライブボレーなどの強打もしやすい。

ウエスタン グリップ【デメリット】

  • どの位置からも身体を使わないと飛ばない。
  • 左右に動かされて打点に入れないとネットを越せない。
  • 浅い低いボールが打ちにくく、スピードを出しにくい。
  • 細かな操作がしにくい
  • フォアとバックのグリップチェンジの落差が大きい

ウエスタン グリップ セミウエスタン グリップ
攻撃力
守り
回転
操作性
グリップチェンジ
向いているタイプ ベースラインからの攻撃力がありフットワークが良い人や、体力に自信がある方に向きます。 ネットプレーを多く使う方や、フットワークに自信がない方にも向きます。

握り方が正しく合っていると

正しい位置の握り方はムダなミスも減るので、
不安から解消されます

自分の能力に合った握り方だと、動かされた時にも
正しい処理ができるので、守りも固められる

攻撃が出来る握り方をすると、攻撃が簡単にできるので、
自分よりレベルが上の人にも勝てる可能性がでてくるのです

正しく握ると自分のやるべき事が理解でき、専念出来るので
迷いもなくなります

自分の運動能力性格的な特徴と、グリップの握る位置の特徴
兼ね合わせて、自分に合う握り方を試しながら見つけて下さい。

誤字脱字がございましたらお許しください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です