【初中級 必見】知らなきゃ損!ボレストを繋げるコツ

色々教わっても、ボレー対ストローク(ボレスト)ラリーが、
まだまだ出来ない。

なかなかボレストのボレーが返せない……
ボレストになるとアタフタしてしまう……
上手く返せないと、申し訳なく焦ってしまう……

今回の記事はボレストラリーの悩みをお持ちの方に、
ボールを返すコツをご紹介いたします。

少しでもテニスに自信が持てるきっかけになれば幸いです。

ラリーが繋がらない  デメリット

誰もが経験するボレストでのラリーの難しさ、 出来るように
なると分かるリズムの大切さ

ボレストの難しい所は、距離が近くなって
時間が奪われてしまう為、準備が整わないので
思うように出来なくなります。

距離が近いことが頭で分かっていても、実際に処理する
体の動きが遅れてしまい、自分の思った通りに出来ないのです。

ボレストでボールを返せないと、ふと感じてしまう
相手のプレッシャー ……

ラリーは相手と行うので、自分が返せないと
相手も練習にならないことに気付きます。

ちょっと感じの悪い人に当たってしまうと、
露骨にイヤな態度をしてくる人も……

テニス以外のプレッシャーを感じてしまい、上達という
目的から離れていきます。

プレッシャーを感じると、焦りが生まれて更に悪循環と
なってしまいます。

出来ない自分に「なんで~、も~うイヤ~」
腹立たしくも情けなくもなります。

ラリーが繋がらないと、運動量が少なくなり
汗をかかないので運動後のスッキリ感を得られない

ボレーが出来ない人でもスグに出来るコツ【知らなきゃ損】
【テニス】フォアハンドを安定させる 振り抜くコツ!

ラリーが繋がる メリット

テニスは不規則なボールの動きに自分を合わせないと
ラリーで安定して返せません

ある程度テニスが上達してくるとスプリットステップで
ボールにリズムを合わせるのです

私はなかなかスプリットステップまで
気が回らない……?

経験が浅く、スプリットステップが上手くできない人でも、
ボールに自分の動きを合わせられると

ラリーが見違えるほど返せるように変われます。

ラリーが返せるようになると心に余裕が持てるので、
更に細かくコントロールする練習も出来ます。

コントロールが出来るようになると、狙うコースを更に
細かくしたり、練習に集中することが出来ます。

この状態がテニスをグングン上達させることに繋がります。

ボールコントロールは、試合でも自分が有利な展開
進められるようにもなります。

ラリーが繋がると運動量も多い分汗をかきやすくなり、
運動後の気持ちの良い汗が出て快な気分になります

【知らなきゃ損】力を発揮するゾーンに入るコツ テニス
【初中級者 必見】かんたんボレー上達のコツ!硬式テニス

返すためのやりコツ


ラリーで重要なことはボールのリズムを覚えることです。

うまくできない人のほとんどが自分の打つことだけ
意識が向いていることが原因です。

ラリー練習では「自分が打つこと」ではなく「ボール」に
合わせることを練習
します。

球出し練習ではフォームを固める練習をしていきます。

ボールに焦点を合わす

下図のようにボールが接触する部分を番号で数えます
(下図はボレストのイメージ)

  • 自分のラケットに接触する時は1番
  • バウンドする時は2番
  • 相手のインパクトが3番

ラリーが繋がっている間は、「123 123 123」
と、この番号を繰り返します。(心の中で)

接触は一瞬なので、全ての接触部分を接触音に
合わせられるように正確に行って下さい。

心を研ぎ澄まして正確に合わせることを意識して下さい。

*接触音とはインパクトとバウンド時に聞こえる音。

番号を意識することによって、ボールに意識が向きます

ボールに意識があると、余計な力みと雑念が抜けてきます。

力みが無いとスムーズで素早い手足の動きになります。
雑念が無いと、集中した状態に入り込んでいけます。

  • このボール打ちにくいな~
  • わっ、球が速いな~
  • またバックに来た~

などの雑念は、考えている時間に体の動きをストップさせます

番号を合わせる行為によって、打つ為の準備が整う
例えば
「1」は自分が打つ行為なので、「1」でインパクトを
合わせようと、考えることなく自動的にテイクバックして
「1」に合わせて打ちに行けるのです。

慣れて余裕が出てきたら、上記の図3番でスプリットステップ
を入れる練習もやってみましょう。
テニス 楽ちんスプリットステップ【感動する反応】

「3」と同時に両足の着地です。
くれぐれも「3」で飛び始めないように注意しましょう

自分が発する言葉は接触回数なので、

  • ボレー対ストロークは3語(123)
  • ベースライン同士のラリーは4語(1234)
  •  ボレー対ボレーは2語となります。
    (ハーフボレーが入ると3語)

ストロークの相手が、急にボールを落とさないで
処理した場合は、2語に変える必要があります。

補足

  • スタートの番号は、どっちからでもOKです。
  • 番号じゃなくてもABCでもタンタンタンでも、
    自分がリズムを取りやすい方でも構いません。


【初中級 必見】かんたんアングルボレーのコツ! 硬式テニス
【テニス】緊張がほぐれる視点のコツ

ボレストを繋げるコツ まとめ

  • ラリーのメインはあくまでもボール
  • ボレストは自分の打ち方より、ボールに
    リズムを合わせる
  • ボールの接触部分に意識を集中させる。
  • 焦点を変えると、自分がリラックスしてくる

更に向上したい方に、おススメのDVDをご紹介します。

IMGテニスアカデミーで、錦織選手などの有名選手を
世界レベルに引き上げた実績を持つゲイブ・ハラミロ。

このDVDで世界のトップ選手と同じ最先端の知識を学び
レベルアップで周りの仲間をビックリさせましょう

知識は一生役に立つ財産となります。

ゲイブ・ハラミロの『Making Champions』 Vol.1 -フォアハンド- & Vol.2 -両手打ちバックハンド- [GJ0001]

最後までお読みいただきありがとうございました。
誤字脱字がございましたらお許しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です