強風でテニスが思うように出来ない!風を利用する試合の戦術とは?

強風の中のテニスの試合は誰もが調子を悪くするものです。しかも体力を消耗して疲れやすくなります。

そんな風の強い日に試合をするときは、風を利用したプレーに切り替える必要があります。

強風の中「嫌だな~」と思ったままプレーしても調子が上がることはありません。
風を上手く利用することが、自分のミスを減らし相手のミスを誘うことが出来るのです。

風が強い日は、風の影響で打点の位置がズレてしまうため、いつものリズムを崩しやすいのです。

強風の中で自分のリズムを整えようとするよりも、相手のリズムを崩すことに専念すると風が味方となりポイントを奪えてゲームを楽しくさせることが出来るのです。

「風上」風が後ろから前に吹く追い風の対策

風上のように背中側から相手側に風があると、風にボールが乗って飛びやすくなるため、ボールのアウトする確率が高くなります。

手っ取り早くアウトの確率を下げるには、自分が放つボールの弾道を低めにすることです。

意外とスピン回転の量を多くしても弾道が高くなると風に乗りアウトしてしまいます。

ボールは弾道が低くても風に乗って深く入りやすくなります。

しかも自分が放つボールのスピードが遅くても、風の勢いが加わりボールに伸びが出るため相手には打ちにくいボールになります。

ボールを低い弾道で飛ばすスイング

低い弾道でボールを飛ばすスイングは、下記画像①のようにラケットを後ろで下げ過ぎないで地面と平行気味のスイングにします

画像②のようにラケットをさげて下から上に振り上げると、ボールにスピンはかかりますが上に飛ぶ力も加わるため、ちょっとした面の加減で弾道が高くなってしまい滞空時間が長くなり風に乗ってアウトしやすくなるのです。

バックハンドスライスの低い弾道

バックハンドをスライスで打つ低い弾道のボールも効果的になります。

それはスライス回転のボールは通常のボールと違い、バウンドして跳ね上がるときにボールが変化するので、その変化に風の勢いがプラスされることでボールに伸びが出て、相手は返球しにくいボールになるのです。

スライスで打つときは、下記画像のようにフィニッシュを上にあげないで、インパクト(ボールを打つ瞬間)でラケットを止めるようなスイングにすると飛距離を抑えて短めのスライスボールになります。

その時に重要なのが、ボールを捉える瞬間のラケット面の角度です。

ボールを捉える位置が上記画像①の紫色の部分はネットミスをします。
画像②の赤色の部分でボールを捉えられると、ほど良く低い弾道になります。
画像③の水色は、ボールが上に飛び上がりやすく、風に乗りアウトしやすくなります

ラケットを下で止めるようなスイングでも、上記画像の②の位置にラケット面を入れられるとボールはネットを越える弾道になります。

スライスでボールを捉える打点

バックハンドのスライスの場合、グリップの握り方によって打点が異なります

通常のコンチネンタルグリップ(包丁を持つ握り)だと下記画像①の前方の打点で捉えます。

フォア側に近い握りで握っている方は、打点を画像①より後ろにしないと、面が開いた状態で上記ボールの画像③の位置を捉えてしまいボールが上に飛び出すのです。

そのため画像②の位置まで打点を下げて、身体の少し前で捉えるようにすると上記ボールの画像②の位置で捉えやすくなります。

風上の戦術

風上(追い風)の環境では、自分が放つボールは通常より風の影響でアウトが多くなりやすいのです。
相手はしっかり振り抜いてもコートに収まる環境なのです。

ダブルスのときに風上(追い風)の状態で避けたいことは「相手がストローク」で「自分達がボレー」の状態ので、風上の場合は相手をネットに出させた「相手がボレー」で「自分達がストローク」で勝負することをお勧めします。

相手がボレーにいた方がアウトボールにも手を出してくれる可能性が高くなります。逆にストロークだとアウトボールの判断がはっきりわかってしまうのです。

他の攻撃のアイテムとして、風上(追い風)ではロブは普段より低めに上げて相手に触らせるようにします

風上の環境なので、ロブのアウトを避けるための高さにすることに加え、風でボールが流れるので、相手も打ちにくくなります。

「風下」自分に向かってくる向かい風の対策

風下(向かい風)はボールをしっかり打ってもコートに収まるので、ゲーム始めの1ゲーム目は風下からスタートできると身体を早くに温めることができ調子を上げやすくなります。

しかもスピンをかけると風の影響でボールが沈みやすいので、ボールを相手の足元にも集められます。

風下(向かい風)で何より有効なのは、ロブを少々強く打っても風でコートに押し戻されるのでコートに収まりやすくなります。

そのため、風下(向かい風)では足元とロブを組み合わせた効果的な攻撃ができるメリットがあるのです。

風下ではアングルやドロップショットも有効

風下(向かい風)のときに有効なショットとして、角度をつけたアングルは風で押し戻されるため、角度の幅が大きくなります。さらにドロップショットも風で戻されるので効果的になります

ストロークでもボレーでも風で押し戻されるので、相手を効果的に前に誘き寄せて、風下でアウトになりにくいロブで後ろに走らせる組み合わせができるのです。

風下の戦術

普段アウトしそうなストロークやフラットサーブまでコートに収まりやすくなるので、思い切りの良いスイングでグイグイ押してプレーしましょう。

風下ではボールが押し戻されてロブが有効に使えるチャンスなので、相手を前後に動かす組合せドロップショットとロブやアングルとロブを混ぜる攻撃が効果的になります。

自分達がボレーにいる場合は、アングルやドロップボレーで風の効果を最大限利用したショットを多めに使いましょう。

左右に抜ける「横風」対策

 

左右の横風が強いときは、スピードのあるボールよりスローボールが風に流されやすく、相手には打ちにくい環境でプレーさせられます。

左右の風の場合は、サイドアウトのボールが風に押し戻されてくる可能性が高くなります。

例えば左側から右側の横風は、左側のサイドアウトしそうなボールはコートに押し戻されやすいのです。

反対に右側のアレー内に収まりそうなボールは、サイドアウトする可能性が高くなります。

そうなると、ロブも同じ事が言えるので左サイドに上げるロブは、サイドアウトのコースを狙ってもコートに戻ってくるような軌道になります。

ロブ自体をコートの左側反面に上げることで風に流されてもコート内に収まり、尚且つ相手も風でボールが流れるのでスマッシュが打ちにくく、ミスを誘いやすくなります。

左右の風の戦術

テニスでラケットを身体の横で操作するストロークやボレーは、打点がズレても返すだけなら対応することが可能ですが、スマッシュのような「縦のスイング」ではミスショットに繋がる可能性が高くなるのです。

縦のスイングでも、サーブの場合はボールの高さがスマッシュより低いのでボールが流される時間が少ないのと、トスのやり直しがきくのでミスを回避しやすいのです。

横風の戦術として、出来るだけノーバウンドで横に流れるボールを相手に送ると効果があるので、ロブ(通常の高さ)のような滞空時間の長いスローボールを使うことが相手にストレスを与えミスを誘い出せるのです。

通常だと普通に打ち込めるチャンスボールですが、横風が強い時は空振りやフレームショットが多くなり効果抜群でミスを誘いやすくなります。

風を利用する試合の戦術方法 まとめ

  • 風上(追い風)は、ボールがアウトしやすいため、弾道を普段より低くする。
  • スライスのボールは、バウンド後の変化が風による相乗効果で打ちにくい。
  • 自分達が風上では、相手のストロークが有利になるのでボレーをさせる。
  • 風下(向かい風)は、いつも以上にコートに収まるのでしっかりスイングする。
  • 風下(向かい風)はボールが押されるので、ドロップショットやアングルも効果的になる。
  • 左右の風は、ゆるく滞空時間の長いノーバウンドのボールが効果的。



すぐに試合で使えます!
ダブルスの戦術パターンが豊富で、すぐに結果を出したい人におすすめ!

●全日本チャンピオン直伝!だから普通の人が発見できないダブルスの戦術を身につけられる。
●相手を動かし試合の主導権を握れる!だからいつでも心理的に有利に試合を進めることができる。
●46の必勝パターンを学べる!だからあらゆる対戦相手に対応するパターンを身につけられる。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です