マニラの観光スポット 『マラテ地区』と『アラバン地区』

マニラ湾を望めるベイエリアは
サンセットが綺麗で「世界三大夕日」の一つでもあります。

ロハス通り沿いにあるベイウォークという散歩道もあり、
お散歩しながらのんびりサンセットを眺める
ことも出来ます。

今回は夕陽を見れる時間帯ではなかったので
夕陽を見ることが出来なかったのですが、
ベイウォークを散歩してみました。


ここはぶったまげました!とにかく臭いのです。

無意識に「うわっ、臭っ!」と声が出ます。

海は海で何かドブのような変な臭いがするし
ベイウォークの通りは観光客相手のカレッサ(馬車)の
糞の臭いが酷く散歩していられないほど。

清掃していない動物園のような……


そして異常なくらいしつこい観光客相手のカレッサ。
海を見て写真を撮ったりしたいのに

どの角度からでも首を突っ込んできて話しかけてきます

ベイウォークに滞在できる時間は頑張っても精々5分です。

海と糞の「強烈な悪臭」と、カレッサの「しつこさ」で
具合が悪くなります。

交通量もかなり多く空気が異常に汚い場所なので、
マスクがないと堪えられないです。


ベイウォークに行って思ったのですが
確かに、色んな観光スポットには沢山の観光客は
いましたが、ベイウォークだけは
観光客が一人もいませんでした。

「あれっ?」

「雑誌で見た感じと、まるで違うじゃん?」

いるのは暇そうにしているカレッサの人達が
芝生の上でだらしない格好で寝っ転がっているだけ……

ネットの口コミを見ると、このマニラ湾のカレッサは
かなりぼったくりで有名のようで、
うかつに乗らない方が良さそうです。


フィリピンの色々な場所が良過ぎただけに、
ここも楽しみにして来たので、
ちょっとがっかりな場所でした。

近くの商業施設などのビルから夕陽を見ることを
お勧めします。

観光スポットとしては癒しのある良い所なので、
今すぐは難しいとは思いますが、
この場所の状態が早く改善されることを願います。

裕福な人が住む  アラバン地区

元々は広大な牧草地だったアラバン地区。

1990年代後半の開発ブームで急成長し、
住宅や工業、商業施設を収容する大きな地区へと
生まれ変わりました。

フィリピン最大のモールや、裕福な人や著名人が住む町
として有名な場所です。

たまたま親戚の家の近くだったのでアラバン地区に
一泊することになりました。

まだまだ空地はあるものの、開発されて大都会で
あることは間違いないです。

親戚にリーズナブルなホテルを探してもらい、
値段はリーズナブルなのにスタッフの対応も部屋も良く
高級感のあるホテルで、気持ちよく過ごせました。

ホテル:The B Hotel Alabang
ショッピングモールも近くにあります。

フィリピンで初めて日本人のホテルスタッフにも出会えて
親近感がわいたホテルでもあります。

次の日の朝が早いため、早めの夕食を食べに
近くのショッピングモールへ車で向かう途中
信号待ちで3車線の真ん中に止まっていたら……

小学校低学年ぐらいの可愛らしい女の子が
信号待ちしている車に
貝殻のアクセサリーのような物を売り歩いているのです。

運転席や助手席の人にガラス越しにアクセサリーを見せて、
相手にされないと次の車に向かうのです。

「こんな大都会の街中で……」

日本では考えられない様子に驚きを感じました。
切ない気持ちになります。

フィリピン人の一般的な給料が月2~3万円のようで、
こんなに大都会に開発されて見た目が凄く近代的
なっていても生活水準が上がらない人達もいるのです。

フィリピンの街が発展するにつれて物価も高くなるので
発展するのと逆にフィリピン人の生活が苦しくもなります。

近代的なビル群が目立つフィリピンの街並みですが、
大半が海外企業のため
フィリピン自体にはさほどお金が落ちない

地元の企業にも頑張ってもらって発展と生活水準
少しでも追い付いてもらいたい思いです。

【マニラ ルソン島 】マカティ地区の魅力

マニラの観光スポット イントラムロス

日本人が経営しているお店

夕食を親戚家族とショッピングモール内にある
日本人経営のレストランに連れて行って貰いました。


アメリカンなお店のウッデンホース・ステーキハウスです。

お店の中は日本企業の方が多いのか日本語の会話が
多く聞こえるので、なにかホッとするお店でした


ステーキから色々なグリル料理があり味も美味しく、
ドリンクも豊富です。
11月なので店内はクリスマスカラーで華やかでした。


ヒレ肉のグリルとビールは最高でした。

食事を楽しんでいると、コックコートにコック帽姿の人が
「本日はありがとうございます」と挨拶に来てくれる
感じの良いお店でした

聞くと日本人経営者の方のようでわざわざ挨拶まで。


自分たちが行ったときは人が少なめだったのに、
人気店だけあって時間が経つにつれて
どんどん家族連れのお客さんが入ってきます。

アラバン地区で食事をするときは
ウッデンホース・ステーキハウスがお勧めです。

しかもすぐ隣に巨大なショッピングモール
メトロ・デパートメント・ストアがあるので
買い物も出来ます。

 

フィリピン旅行で、困らない為に最低限知っておくべき情報

【フィリピン】美しすぎる南国 ボラカイ島の魅力 Day1

最後までお読みいただきありがとうございました。
誤字脱字がございましたらお許しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です