【テニス初心者】両手バックハンドの打ち方!3つのチェックポイント

両手バックハンドの基本的な身体の使い方は、ほぼフォアハンドと同じ使い方です。

ただ両手バックハンドの場合は、慣れていない左手を使う感覚に早くなれる必要があります。

イメージは左手でフォアハンドを打つようにして、それに右手を添えて打ちます。

普段使い慣れていない左手の感覚なので、左手の感覚を掴むことを優先して8:2の割合で左手メインでボールを打ちます

左手をメインに使うことで、身体のターンと連動したスムーズなスイングが出来るようになります。

ボールを打つ前はフォアハンドと同じく「パワーポジション」を作り、ボールに素早く近づける癖をつけましょう。

パワーポジションの記事はコチラ

踏み込む足の使い方は2歩使う

バックハンドの足の使い方は、上記画像②のように「左足のセット」と「テイクバック」を同時に行います。

次に画像③で「右足を前方」に踏み込みます。(重心は左右均等)
ボールを打つ時に、右足に重心を乗せながらスイングします

イバノビッチのバックハンド

ボールとの距離感は、最初に左足で大まかな距離感を合わせて、最後に右足の踏み込みで微調整をします。

右足だけで行う癖をつけると、遠いボールなどを一歩で踏み込むと、相手に背中を見せるくらいな状態になるため、身体のターンが行いにくくなります。

そのため打つ方向に対して横向きを作ることが、身体のターンをスムーズに使えるのでボールを飛ばしやすくなります。

ボールを打つ時の手首と打点の位置

バックハンドのボールを打つ手首の形は、下記画像のように左手の手首が背屈した状態を作ります。(右利きの場合)

この手首が背屈した形が打点を前にしやすくして、ボールを押したりスピンをかけるのに適しています。

手首が背屈しているため、手首の遊び部分による打点のズレがなくなり、ミスショットが少なくなります。

手首が背屈した状態は、下記画像①のようにテイクバックをしながら作るように意識します。

両手バックハンドは、左手の手の平の感覚が重要になります。そのためインパクト(打つ時)の背屈状態をテイクバックで準備することで、正確に形を維持するのでストロークが安定してきます。

おヘソを意識して身体のターンでボールを飛ばす!

テニスは身体のターンでボールを飛ばすことが正しい使い方なのです。厳密に言うと腰をターンさせることで、腰のターンを使うと怪我も少なく安定した綺麗なフォームになります。

ただ「腰のターン」と「腰を」意識すると、人によってはぎこちない動きになることがあります。理由は日常生活で腰を回すことが少ないからです。

そのため、おヘソの向きを横向きから正面向きに動かす意識の方が導入しやすくなります。

上記画像①は、テイクバック完了の横向きの状態です。(赤い矢印はおヘソの向き)

画像②~③で、ボールを「打とう」思ったらおヘソを一気に正面(ネット側)に向けます。

おヘソを正面に向けることで腰が周り、「両膝の向き」→「上半身」→「腕」→「ラケット」の順番で連動して引っ張られてきます。

この順番がボールを楽に飛ばしてくれます。

ただ、男性の場合は腕力があるので、腕を優先しがちです。

上記画像アザレンカ選手の身体のターンのイメージで行います。

手首の背屈を簡単に覚えるテニス器具

初心者を早く卒業したい方にお勧め!ストロークの手首の背屈を素早く身につけられるテニス用具の紹介。(フォア・バック兼用)

このスピンプロは、装着するだけでストロークで行う手首の背屈を癖つけられます。家で素振りをするだけでも癖がつきます。

正しい手首の形を覚えると、打点が安定するのでストロークを自信もって打てるようになります。

正しい打点の位置を理解できるため、ストロークで簡単なミスをしなくなります。

両手バックハンドの打ち方 まとめ

  • 踏み込む足は2歩使って横向きを維持する。
  • 左手の背屈した手首の形でボールを打つ。
  • 手首が背屈した状態でボールを打つ場所が打点の位置。
  • おヘソの向きを横向きから正面向きでボールを打つ。



すぐに試合で使えます!
ダブルスの戦術パターンが豊富で、すぐに結果を出したい人におすすめ!

●全日本チャンピオン直伝!だから普通の人が発見できないダブルスの戦術を身につけられる。
●相手を動かし試合の主導権を握れる!だからいつでも心理的に有利に試合を進めることができる。
●46の必勝パターンを学べる!だからあらゆる対戦相手に対応するパターンを身につけられる。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です