スマッシュが苦手なテニス初心者が身につけるべき打ち方!二通りを解説

せっかくテニスを楽しむなら、最後のボールは「バシッと」決めて気持ちよく終わりたいですよね。

その最後の決め球として使うのがスマッシュなのです。

他と変わらないショットのようですが、最後のシメになる重要なショットなのです。
(それを頭に入れて身につけて下さい)

スマッシュには、スピードを上げる方法確率を上げる方法の2種類の使い方があります。

2種類の使い方は、肘の位置を変えるだけで「速いボールも」「安定感のあるボールも」打つことが出来るのです。

この2種類の使い方は、最後の決め球を「鋭いボールでバシッと決めたい人」と「確実にオープンコートを狙いたい人」によって分かれます。

ただ、慣れてくると両方を使い分けることが出来るようになります。

初心者が身につけるスマッシュの「基本動作」

スマッシュは、下記画像①のように「両手を万歳するように上げて」横向きを作ります。ラケットを持つ右肘は曲げて、左手はボールを指さすように準備します。

補足
スマッシュの前後の移動は、横向きのまま「サイドステップ」を行います。
*サイドステップとは、反復横跳びと同じ動きです。
スマッシュの打ち方

①は、ボールが上がった瞬間に「横向きで万歳」をします。
②の打つときは、左足を「踏み込みながら」行います。
③のスイングでは、ボールを地面に「強く」叩きつけるように振り下ろします。
④の打ち終わりのラケットは、体の「左側に抜ける」ようにします。

初心者がスマッシュを安定させる「身体の使い方」

初心者が押さえておきたいポイントは、下記画像のようにスマッシュの打ち終わりの形で左足に重心を乗せることなのです。(右利きの場合)

上記画像①ロブが上がった瞬間に「横向き」と「ラケット」をセットします。 
画像②~③で、野球のピッチャーのように身体が沈み込みながら左足に重心を乗せて振り下げます。

これを行うには、ボールの落下地点より少し後ろで「ボールを待つ」必要があります。そこから前に踏み込んで打つ習慣をつけるのです。


スマッシュが苦手な方の特徴で、打点を頭の真上で捉えることがあります。
頭の真上だと、スマッシュでは後ろの打点になり、パワーを加えにくいのです。

スマッシュは、ボールを叩きつけるスイングが必要なため、ボールを身体の位置より前方(ネット側)で捉えるクセをつけましょう。

そのため、落下地点より余分に後ろで待機することで、ボールを前方で取りやすくなり、さらに踏み込みでボールにパワーも加えてくれます。

要するに、スマッシュは「余分に下がって踏み込んで打つ」ことを意識して行うのです。

特に女性やパワーが無い男性でも、体を利用することでスマッシュが楽に打てるようになります。

ダブルスをしていると飛んでくることが多い、山なりの緩いチャンスボール。
「よしっチャンスだ!」と準備をして打ったつもりが「あれっ?空振り?」「トホホ……」と情けない気持ちも、基本動作が身につくと改善できますよ。

ここまでが、スマッシュの基本の動作になります。

実はスマッシュは、誰にでも上達が一番早くできる技術でもあるのです。
それは、他のショットより早い準備ができているからです。準備ができているため、振り出しのタイミングさえ掴むと打点は身につけられるのです。

最も「スピードを出せる」トロフィーポーズ

ここからは、スマッシュをレベルアップさせる体の使い方を解説しますが、先ずは基本動作を身につけて、タイミングを掴んでから行うことをお勧めします。

1つ目は「トロフィーポーズ」の形を作る打ち方です。

この上記画像のような「トロフィーポーズ」の形は、赤い線のように肩のラインが斜めに下がることで、ラケットを持っている「右肘」が下がるのが特徴です。

この下がった右肘が、一気に上にあがる動作が入るので、スイングが加速するためボールにスピードを加えられるのです。

トロフィーポーズの効果

自分の持っている100%のパワーで力強いボールを叩き込めるので、ストレスが吹き飛ぶように爽快に打ち込めます。

動作のデメリット

肘が下から上に動くのでタイミングが合わせにくく、慣れないと打点を安定させられない。

トロフィーポーズに向いている人

ボールを投げることがスムーズにできる人、スマッシュに慣れているがスピードが出ない人には向いている使い方です。

肘を肩より上げて「安定感を出す」万歳ポーズ

万歳ポーズは、前述した内容と重複している部分もありますが、細かい部分を再チェックして読んでください。

万歳ポーズの準備は、トロフィーポーズのように右肩を下げないで、両肩が地面と平行な状態で打つ行い方です。

スマッシュのような振り下ろす動作に慣れていない初心者の方にはお勧めです。

上記画像イバノビッチ選手の黄色い線のように、右肘を右肩より「下げない状態」を作ります。

左手は「ボールをキャッチする形か」「ボールに指をさす形」で、肘は伸ばしておきます。

ラケットを持っている右腕は、右肩より肘は上にセットして軽く曲げておきます。
とにかく肩のラインを地面と平行にすることを意識します。

そのまま肘の位置をキープしながら、ボールが来たら前方に振り下ろします。この右肘を下げない状態は右肘の上下運動が少ないため、タイミングが合わせやすくなります。

スマッシュのような縦に振り下ろすスイングに慣れていない方でも、安定した振り下ろしスイングが可能になります。

万歳ポーズの効果

スマッシュに慣れていない人でも「肘の上下運動が少ない」ので、早くにタイミングを合わせられ、安定感のあるスマッシュが打てるようになります。

動作のデメリット

肘の上下運動が少ないため、ボールにパワーやスピードを加えにくくなります。

万歳ポーズに向いている人

「スマッシュが上手く打てない人」「スマッシュが安定していない人」には、タイミングを合わせやすくなるので向いています。

テニス初心者は打点の形を覚えるとフォアハンドがめきめき上達する!

まとめ:スマッシュが苦手なテニス初心者が身につけるべき打ち方!二通りを解説

  • スマッシュは、最後のシメになる重要なショット。
  • スマッシュは、落下地点より余分に後ろで待機して、前に踏み込んで打つ。
  • トロフィーポーズは、パワーを生み出してくれる。
  • 万歳ポーズは、タイミングが取りやすく安定したスマッシュが打てる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です