テニスの試合で安定するリターンのコツ!

リターンって一見ストロークのようですが違うのです。

ストロークと同じ感じで打ちに行くと、間に合わなくミスが
出てしまうのです。

一見同じストロークなのに、
なぜ?リターンになると上手く出来ないのか……

今回の記事はリターンに悩みをお持ちの方に、
リターンの打ち方のコツをご紹介いたします。

少しでもリターンに自信が持てるきっかけになれば幸いです。

リターンは別な動き

ストロークで、ある程度ラリーが出来るようになったのに
リターンになるとうまく返せない

相手のサーブもそんなに速いわけでもないのに
リターンになるとミスをしてしまう

リターンの難しいところは、ストロークに比べて
時間の余裕が無くなるからなのです。

ここがストロークと大きな違いなのです。

サーブは上から打ってくる為、あっという間に
ボールが自分の所に到達します。

ストロークと同じ準備をしていると、打点が遅れて
ラケットに変な当たり方をする

間に合わなくてボールがネットを越えてくれない

狙いたいコースがあるのに狙う事が出来ない

要するにストロークとリターンは別な動きなのです。

相手のサーブが、ちょこんと当てたような緩いサーブには
ストロークと同じ感じで打てます。

しかし、ある程度普通のスピードがあるサービスには対応が
遅れてしまうのです。

それなりにラリーが出来るのに、リターンになると
ミスが出るという方は、この遅れが一番の原因なのです。

リターン用の身体の使い方に変える必要があります。

私もある程度ストロークで相手を動かしたり、エースを奪ったり
出来るようになり自信も付いていた頃ですが、

ゲームになるとリターンが思うように返せなく、
ブレークが出来ないのです。

リターンが歯がゆいのです。

なんでストロークでボールを操れるのにリターンが上手く
返せないの?

これだとサービスゲームを「落とせない」という気持ちから
心の余裕が無くなり焦りも出てくる。

余裕のない状態でのサービスゲームは必ず落としてしまう。

リターンから先制攻撃

昔、アンドレ・アガシというリターン力が並外れて
凄い選手がいたのです。

ビックサーバーと言われる選手をカモにしていました。

しかも芝のウィンブルドンでも強烈なリターンを
して見せるのです。

アガシはリターンをする人が有利なの?と思えるくらい
ピンポン玉を打ち込む感じで簡単にリターンをするのです。

しかも、ベースラインよりコートの中に立って
ライジング気味にリターンをする事が多いのです。

リターンから先制攻撃をして試合を有利な展開にしています。

コンパクトなテイクバックからタイミングを合わせた
スイングだからこそ先制攻撃が出来るのです。

試合を有利に進めるには相手より先に先制攻撃が必要なのです。

サービスゲームは、先制攻撃が出来るためサービスキープを
することが当たり前のように言われています。

特にシングルスではリターンゲームでも先制攻撃が出来ると
ゲームの展開も楽になります。

リターンゲームで楽にブレイク出来ると、サービスゲームで
心に余裕が出来るのでキープ率も上がって来ます。

ダブルスのリターンも先制攻撃は同じですが、発想力を
駆使して相手を迷わせる嫌なリターンを打つ工夫が必要です。

その為にもリターン専用の身体の使い方を覚える
必要があります。

リターン用の身体の使い方


内山選手のリターン

どちらかと言うとリターンの体の使い方は、
ボレーでチャンスボールを決める時と同じ使い方になります。

ただ、ラケットの出どこが違います。

小さなテイクバックからタメを作ってタイミングを計り
ボールにパンチを加えるのです。

リターンのコツ

[右利きのフォアの場合]

  1. フォアに来たら上半身だけ軽く右向きにボディターン
  2. 同時に体重を右足に移動させてパワーを蓄える。
    (両足はネットと平行をキープ)
  3. ラケットは、身体の横でウエストの高さにセット。
    (スライスの時は、ラケットを首の高さにセットする)
  4. 打つ瞬間にスイングと左足の踏み込みを同時に行う。

*バックは逆の動きになります。


アガシの強烈なリターンの画像です。

注意
打つ時にストロークのような下半身まで横向きは作らない。
ストロークのように身体の後ろまでラケットを引かない。

使い方が慣れると

コンパクトなスイングになりリターンミスが少なくなり、
金の相場が変動しないような安定して返せるようになります。

スピードのあるサーブにも呼吸をする動作のようにスムーズな
対応が出来るようになります。

相手のサーブの勢いをそのまま活かした鋭いリターンが
打てるようになります。

踏み込みとスイングのタイミングでボールを飛ばすので、
非力で腕力のない子供や女性にも簡単に飛ばせられます。

リターンダッシュをする時も、ガラガラの高速道路のように
素早くスムーズにネットへ移動できます。

リターンゲームでも即効性のあるクスリのような先制攻撃が
出来るようになります。

リターンのコツまとめ

  • リターンはストロークとは別の動きになる。
  • コンパクトスイングとタイミングでボールを飛ばす。
  • 腕力が無くても簡単に飛ばせる。
  • リターンから先制攻撃が出来るようになる。

誤字脱字がございましたらお許しください。
最後までお読みいただきありがとうございました。




すぐに試合で使えます!
ダブルスの戦術パターンが豊富で、すぐに結果を出したい人におすすめ!

●全日本チャンピオン直伝!だから普通の人が発見できないダブルスの戦術を身につけられる。
●相手を動かし試合の主導権を握れる!だからいつでも心理的に有利に試合を進めることができる。
●46の必勝パターンを学べる!だからあらゆる対戦相手に対応するパターンを身につけられる。




2 件のコメント

    • Dear Derrick

      Thank you for the e-mail.

      Sorry for the late contact.
      I’m not used to the blog system, so I’m slow to read emails.

      I am very happy to hear from you,and your comment gives me much encouragement for writing.
      Please keep in touch with my blog.
      I promise you to inform more practical tennis methods.

      Best wishes

      From 24matty

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です