テニスで緩いボールが苦手な人は連動させると改善する!その理由とは?

テニスで緩いボールが苦手になる原因

相手から緩いボールが来るとアウトがネットのミスをして苦手になってしまうのは、腕だけでボールを飛ばそうとするため「力みが生じて」面の向きが不安定になるからミスがでるのです。

緩いボールは、速いボールと違い待ち時間がたっぷりあるため、考えることができるので「力みやすい」環境と「足が止まりやすい」環境でもあります。

基本が身についていないと「手」だけに焦点が合ってしまい、身体と連動のない手だけでボールを飛ばそうとする「手打ちショット」だからミスが起こりやすくなります。

ボールを飛ばす方法が「手だけ」のため、無意識に力みが入り、力みによって腕が誤った使い方となり、ラケットの振り出しと打点が遅れて面が開いた状態でボールを捉えるので「ドカーン」とアウトするのです。

さらに足が止まってしまうと、距離感の微調整ができなくなり良いポジションに入れないため、勢いのない緩いボールは思いのほか飛んで来ない場合が多く、打点が前過ぎとなり面がかぶせ気味で捉えてネットミスも起こります。

このようなミスを繰り返すので、トラウマとなり緩いボールが苦手になります。

緩いボールの打ち方

テニスで緩いボールが苦手な人は、基本の打ち方自体「手打ち」の頻度が高い可能性もあるので、根本をボディターンで飛ばす習慣を付ける必要もあります。

そうすることで全てのボールに正しい使い方が出来るため、ボールの状況でミスが出ることが少なくなります。

ボールを飛ばすときは、身体全体を使うと腕の力は「少しの力」だけでボールを飛ばせるため力みも軽減されます。

力んで飛ばす必要が無くなることに気づけます。

右利きのフォアの場合

勢いのない緩いボールの打点は胸から目線の間の高さで捉えましょう。
頭より上はコントロールがしにくく、力も伝えにくいため避ける。

打ち方のコツは、後ろ側の右足を軸にして、右足で地面を蹴り上げでボディターンをします。

上記の画像のフェデラーは、緩い山なりのボールを下がらずに高い打点で攻撃をしていますが、繋いで返す時も同じ使い方です。

①で右足にタメを作り、同時に上半身を捻じります。
②は「打つ」タイミングで、右足で地面を真上に蹴り上げます。連動して自動で上半身がターンして来ます。
③は、攻撃しているので地面と平行気味にスイングしています。
*繋ぐときは、斜め上に振り上げます。

こちらの画像は反対側からで、①で右足のタメと上半身の捻じりを同時に行います。
②で、打つタイミングで右足を真上に蹴り上げと、自動で上半身のターンが連動します。

この使い方がボディターンでボールを飛ばす方法になります。

腕だけで飛ばす打ち方のように、ボールを後ろから前に押し出す打ち方と違って、身体を中心にして腕が円軌道を描くボディターンは、ボールに回転を増やしてくれるのでストロークに安定感がでてきます。

とうぜんラケットのスイングスピードも上がるため、しっかり振り抜いた勢いのあるボールで打っているのでより効果的なボールとなります

緩いボールの捉え方はボールを擦りながら!

緩く勢いのないボールを後ろから前に押すのではなく、右から左に抜けるイメージで捉えます。

上記画像①のように、赤い丸を押すのでは無く、画像②のように右下から左上に斜めに擦りながら打ちます。ボディターンしながら打つと行いやすいです。

ラケットは、ヘッドを立てながら捉えて、ヘッドが先行したスイングになります。

腕は畳むことなく身体のターンと連動して円軌道のままです。

攻撃する時のボールの捉え方は下記画像。

攻撃する時は、ラケットが下から上に振り上げるのではなく、画像②のように横回転がかかるように右から左に擦ります。

この捉え方はボールが弾まなくなり、滑るような弾みになるため抜群に効果的なボールになります。

テニス「試合でフォアハンドが怖くなる」解決する練習方法を紹介

テニスの緩いボールの処理:まとめ

  • 緩いボールが苦手な原因は、手打ち。
  • 緩いボールは身体と腕の連動で飛ばす。
  • 右膝を曲げて状態を捻じりタメを作る。
  • 打つタイミングで、右足を蹴り上げると自動で上半身が回り出す。
  • ボールは横斜めに擦りながら打つ。



すぐに試合で使えます!
ダブルスの戦術パターンが豊富で、すぐに結果を出したい人におすすめ!

●全日本チャンピオン直伝!だから普通の人が発見できないダブルスの戦術を身につけられる。
●相手を動かし試合の主導権を握れる!だからいつでも心理的に有利に試合を進めることができる。
●46の必勝パターンを学べる!だからあらゆる対戦相手に対応するパターンを身につけられる。







女ダブ専用の戦術
女ダブのおすすめはコチラ

●鉄壁のポジショニング!だから確実に勝てるようになる。
●試合を決めるショット!だから大事なポイントを物にして試合の流れをつかめる。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です