テニス経験の浅い中2のジュニアが苦手なボレーを克服したコツと練習方法

ボレーの難しいところは、ネットに近いため時間の余裕が無くなってしまうからなのです。

しかも、ボールをバウンドさせないで打つので、ストロークと比べたら普通列車と特急列車のようなスピードの違いがあります。

時間の余裕がないのに、ラケットを振ってしまうから打点もバラバラになりボールが安定しないのです。

そのため、最善の準備をする必要があります。

ラケットを操作するグリップの握り加減


ボレーを安定させるために身に付ける大事なことは、ラケットを振り過ぎないで打点の位置安定させることです。

ラケットの振り幅が大きいと一箇所の打点で打つことが難しくなります。

その結果、打点の位置が前過ぎたり後ろ過ぎたりする、打点のズレによってボールが不安定になります。

前過ぎるとクロス方向にボールが飛び、遅れていると逆クロス方向にボールが飛ぶように、結果となって目に見えて表れます。

ボレーは大振りをしなくても、夕方になると山に帰るカラスのように勝手にボールは飛んでいくのです。

もともと飛んでくるボールには、跳ね返るが備わっているので、自力を加えるのはほんの一瞬で、ボールが当たる瞬間に人と握手する程度の加減でグリップを握るだけなのです

テニス経験が浅い人ほど、ギュッと強く握り過ぎるので腕をイメージ通りに動かせなくなるのです。

上級の人ほど腕を素早くイメージ通りに操る為に、グリップを柔らかく握っています。

状況に合わせた握りの加減調整をすることで、ボールを「ブロック」「吸収」「押す」などの色々な対応が出来るようになります。

下の表で、握りの加減を10段階で説明します。
10が一番強くグリップを握った状態として考えて下さい。

*10段階の加減は、テニスの全てのショットに当てはまります。

握りの強さ

場面

特徴

9~10
一番強い

ほぼ無し

MAXの握りで、思いっきり力を入れてグリップを握った状態。この9~10の力はテニスでほとんど使いません。腕をスムーズに操れなくして、自由が利かない為

7~8

やや強い

攻める時

自分の中で一番スピードを出す時に使う握り。
攻撃的なボールの時で、ストロークで決め球、ボレーのチャンスボールや速いサーブとスマッシュなど。

5~6
軽い握り

通常時で
コントロール

一番多く使う握りで、通常のラリーなどで使用します。腕を自由に動かせるので正確にコントロールしたい時に使います。

3~4
やや弱い

守る時
テクニック

ウォーミングアップなどゆっくりラリーをする時の握り。主にショートラリーや、スローボールで相手が返しやすいようなボールを放つ時に使います。ストロークとボレーのアングルショットや、相手のスマッシュを返球する時など。

1~2
ゆるゆる

テクニック
小技

ドロップショットなどのボールを吸収する時の握り。相手が打ち込んだスピードのあるボールなども守りで返す時に使えます。

グリップの握りの特徴は、握りが緩い方が腕を素早く動かせます。

逆に、強く握ると腕は鈍い動きになります

そのため、レディポジションの構えの時からギュッと握らずに、構えの時から赤ちゃんの手を握るように常に柔らかくしましょう。

柔らかく持つことが、針に糸を通すような繊細な感触が身についてボールを自由に操れるようになります。

ミスをする時は9~10の力で握っていることが多いので、トイレでいきむような力み過ぎなのです。

力み過ぎは腕を操れ無くするので、タイミングがズレるミスが多くなります。

テニスを上達するにはこの握る力を操る事が、ラケットの感覚を早く身につかせ、誰かに個人レッスンを受けてきたの?と思わせるような進化をします。

自宅で簡単に治せるテニスエルボー(肘)

【初中級 必見】かんたんアングルボレーのコツ! 硬式テニス

打点とリズムと形を身につける


先ずは素振りで基本の形を覚えます。

今回は予備ジャンプを入れたスプリットステップからのリズムの取り方です。

やり方
下図のレディポジションからスタート

  1. 1.2の2回の両足ジャンプ
    素早く小さなジャンプのイメージ。
  2. に踏み込みとインパクト
    踏み込みながら、打点の位置にラケットを合わせる。

*打点は踏み込んだ足と同じ位置

これを交互に1~3分間繰り返して行います。
沢山やると早くクセがつきます。

ネットを挟まない練習方法

*この練習は2人で行います。

1対1で、3mだけ距離を取ってキャッチボールのような感じです。
ネットがなくても練習できます。

*離れ過ぎるとラケットを振って飛ばそうとするので、危険なのと、悪いクセがつきます。

コートで行う時は、お互いネットから1.5mくらい離れます。

やり方

  1. 1人が投げる
    1人は手で、下投げで相手の身体の1m外側のフォアとバックへ交互に投げます。
    跳ね返って来たボールはキャッチします。
  2. もう1人は打つ
    もう一人は、ラケットでフォアとバックに来たボールを「ちょこん」と当てて相手の胸元に目掛けて返します。

注:足のリズムはクィーンの「タンタン タン」です!

要するに、距離が近いのでラケットで返す人はゆっくりな返球でラケットを振らない練習相手が楽にキャッチ出来るスピードです。

*下図は足の出す位置で、前じゃなくクロス方向に出します。
*ボールを捉える前後の位置は、踏み込んだ足の位置と同じ場所。

この練習では、上記の握りの強さは、飛距離もスピードも必要ないので「1~2」です。

とにかく振らないように「ちょこん」と当てるだけ。

注意
注意:膝は軽く曲げた所からスタートして、打ち終わりも、両膝を曲げたままです。

フォアとバック交互に50回を1~2セット。
往復で1回の場合は25回です。
動きに慣れてきたら、ランダムで50回を1~2セット。

*この練習は、クセがつくまで行ってください。

【テニス】フォアハンドを安定させる 振り抜くコツ!

【知らなきゃ損】力を発揮するゾーンに入るコツ テニス

ショートラリーでボレー対ストローク

上記でインプットしたら、より実践的にアウトプットです。

ショートラリー(近い距離)のゆっくりしたラリーの中でボレー&ストローク練習を行う。

お互いにゆっくりなボールで行い、先程の形を目標に打つ。

ミニラリー

  1. ボレーの立ち位置はネットから1.5m離れた位置です。
  2. ストロークは、サービスラインの一歩下がった位置です。

注:足のリズムはクィーンの「タンタン タン」です!

あくまでどれくらい身についたかを確認する感じです。

ある程度スムーズに打てるようになって来たら、さらに2m離れて行います。

 まとめ

  • ボレーは振らないで「握りの加減」で覚える。
  • 素振りで「形」を身に付ける。
  • ペアで簡単な手出しで振らない練習をする。
  • ミニラリーで試してみる。
  • 足の使い方はリズムで覚えると早い。


ストロークで悩みがある方におススメのアイテムをご紹介!
最近、テニスをしていてもストロークが不安定で試合に
勝てない、練習してもミスばかりで周りに迷惑かけてないか
心配で焦ってしまう方に、
おススメのDVDをご紹介します。

IMGテニスアカデミーで、錦織選手などの有名選手を
世界レベルに引き上げた実績を持つゲイブ・ハラミロ。

世界のトップ選手の理にかなった動作を学べるので、
どっかでプライベートレッスンでも受けてるの?と思わせる
ように技術も知識も進化します。

時とリスクを制御して勝つテニス~結果が出せる考え方とその実践ドリル~【亜細亜大学教授・テニス部監督 堀内 昌一 指導・解説】




すぐに試合で使えます!
ダブルスの戦術パターンが豊富で、すぐに結果を出したい人におすすめ!

●全日本チャンピオン直伝!だから普通の人が発見できないダブルスの戦術を身につけられる。
●相手を動かし試合の主導権を握れる!だからいつでも心理的に有利に試合を進めることができる。
●46の必勝パターンを学べる!だからあらゆる対戦相手に対応するパターンを身につけられる。







女ダブ専用の戦術
女ダブのおすすめはコチラ

●鉄壁のポジショニング!だから確実に勝てるようになる。
●試合を決めるショット!だから大事なポイントを物にして試合の流れをつかめる。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です