元テニスコーチが教える早く上達したい初心者に最も即効性のある練習方法

テニスを上達するには、ボールに対して「反応」「動く」「狙う」を進歩させる必要があります。

この3つは、テニスを成り立たせる根本となる部分だからです。

テニスは、ボールが主体となる競技なので、ボールに対して適切な動作ができないと、自分が思う望ましい方向には進まないのです。

例えば、いくら有名なプロに高いレッスン料を支払って(打ち方を)教わっても、自分が距離感を上手く取る動きができなければ、テニスで活かすことは出来ないのです。

そのため、テニスは飛んでくるボールに対して、打つことの前に「打ちやすい場所に動く」ことを身につけることで、上達を促進させます。

今回は、早く上達したい初心者向けに、最も即効性がある効果的な「練習方法」を紹介します。

ボールを安定させるために打ちやすい「距離感」を身につける

ほとんどのテニス初心者は「ボールを(上手く)打つ」ことだけ考えてしまうのです。

実は、ボールを(上手く)打つことは二の次になるのです。

なぜなら、ボールを打つには、自分で打ちやすい距離感を保てないと出来ないからです。

私が経験した中で、テニス初心者は「飛んできたボールに打ちやすい距離感を作る」ことに苦労している人が多かったのです。

それは、ボールを「打つ」ことに頭が満たされているため、打ちやすい場所に「移動する」ことに注意が薄れている状態だからです。

逆に言うと、打ちやすい場所に移動することに注意を向けられると、上達を早められるのです。

というのも、適切な距離感を合わせられると、飛んでくるボールに対して打ちやすいポジションへ入ることが出来るため、スムーズにボールを打てるようになるからです。

スムーズに打てるから、ボールを狙って打つことも行いやすくなります。

実は、テニスはこの繰り返しなのです。レベルが上がるとボールが速くなり、相手はあらゆるスペースを狙って打ってきます。そのボールに対応した動きができないとミスが出ます。

速いボールに対応する動きができるから、守り抜くことや、攻撃に切り替えることも出来るのです。

したがって、上達するために「打ちやすいポジションに入る」距離感を身につけることは、欠かせない部分なのです。

ボールをコントロールするからテニスのレベルが上がる

ボールを打つ練習では、ボールをコントロールするための「感覚」を早くに身につける必要があります。

ボールをコントロールできると、ラリー練習でボールを繋いだり、ゲームでオープンコートにエースを取ることも出来るようになります。

そうなることで、コーチに認められて他の人より早く進級する事にも繋がります。そのうえ、ゲームで相手を打ち負かし「テニスの楽しさ」も感じることができるのです。

自分が狙った所にボールを飛ばせると、レベルアップしていることを肌で感じられ、モチベーションを上げられます。つまり、次のステップへ進む意欲を高められるパワーがあるのです。

そのため、初めから繊細な感覚を身につけることも、上達を促進させてくれるのです。

テニス初心者に最も即効性のある練習方法 

前述した、ボールに反応して「動く」ことや「狙う」ことは、繰り返し行うことで早く身につけられます。

正直、スクールでは限られた時間で、他の人との合同練習なので、身につけるまでに時間がかかります。

したがって、早く上達するには、前述したボールに反応して「動く」「狙う」を自分で練習して身につけるしかないのです。

上記の動作を手っ取り早く身につけられる方法は「壁打ち練習」をすることなのです。

しかも、近い距離での壁打ちです。

壁打ちは、壁とのラリーを続けられるようになると「距離感」や「コントロール」を身につけられるのです。

近い距離だからラケットを引き過ぎないため、打点も前で捉えやすく、やわらかいタッチの感覚も身につけられます。

壁打ちで得られる効果

  • 回数をクリアするために、打ちやすいポジションで捉えようとするので「距離感」を掴める。
  • 壁打ちを繋げるために、狙う位置を定めるので「コントロール」が身につく。
  • 振り遅れないように意識するためラケットの「準備が速くなる。」
  • 近い距離で行うので、ボールのスピードをコントロールするため「ソフトタッチ」が身につく。

上記のような、上達に必要な要素をスクールで身につけるには、(別々に学ぶため)1~2年はかかります。

しかし、壁打ちは、無心で練習するだけで、いっぺんに身につけられるのです。さらに、壁打ちは(気兼ねなく)反復練習ができるため、身体へ確実に覚え込ませられます。

テニスの上達に欠かせない内容が効率よく練習できるのです。

ただ、最近は壁打ちが出来るところも少なく、なかなか見つけることも難しいのが現実です。

しかし、最近はそれをサポートするのに「リバウンドネット」という、ポータブル壁打ちネットも存在するほど、壁打ちは効果のある練習方法として人気があるのです。

リバウンドネットは、省スペースでできる練習方法で、効果も壁打ちと変わらないので十分に上達を促進してくれます。

普通に壁打ちをするより使い勝手は良いかも知れません。というのは、ポータブル壁打ちネットの場合、限られた枠の中に狙う必要があるので、狙う意識が高くなるので「繊細な感覚」は断然高められるからです。

*上記画像:全豪オープンでホテルに隔離された選手が、部屋で感覚練習をしている様子です。

とにかく初心者のうちは、、飛んでくるボールに「反応して」打ちやすい場所に「動く」、そしてボールを「狙う」の3つを「短い距離」で「小さなスイング」で行うようにするのです。

理由は、短い距離だと全ての操作が簡単に行えます。尚且つテニスの根本となる「重要な感覚」を身につけられるからです。

いきなり普通のテニスコートのサイズで、ボールを飛ばそうとするからラケット操作が難しく感じるのです。しかも、跳ね上がるボールの対応に手こずります。
スタートを難しくするから、前に進みにくい壁ができるのです。

効果的な壁打ち練習方法

壁打ちをやるときは、必ず目標回数を決めてクリアするように行います。

壁打ちのやり方
  • 壁から2~3mくらい離れた位置で、ゆっくりなボールでノーミスで10回からスタートして、30回をクリアするようにします。(フォア10回→バック10回→フォア20回→バック20回と、フォアバック別々に30回をクリアします。)
  • フォアバック別々に30回クリアできたら、次にランダム(フォアバックを混ぜて)で30回を目標に行います。
  • クリア出来たら、立ち位置を少し(1~2m)下がって行います。

回数が余裕でクリアできる場合は、目標回数を高くして行ってください。

壁との距離は近くから行いますが、目標回数をクリアしたら(少しずつ)ハードルを上げるように離れていきます。

スイング方法

距離が近いので「正面向きのまま」下記画像のように手首の形を作ったら、ラケット面でボールを(斜め上に)押し出すように動かします。(バックハンド:両手バックは反対の手のひらで、片手バックは手の甲を意識します。)

*正面向きは「打点を前にしやすい」ので、コントロールに適切な打点を覚えられます。

狙い方

ボールをコントロールするときは、上記画像のように「手首の形を維持したまま」打点の少し後ろから、(1mくらいの振り幅で)狙う方向に押し出しながらスイングします。

スイング幅

 

壁から2~3m離れた場合のスイング幅の目安として、上記のように、テイクバックからインパクトまでのスイング幅を短く(約30㎝)セットします。インパクトからのフォロースルーは「倍ぐらい」にスイングします。(バックは逆)

要するに、最初のうちは、あえてテイクバックは小さく、フォロースルーでボールを飛ばすイメージのスイングを癖つけます。

なぜなら、テイクバックが小さいと「打点を前に」安定させやすく、尚且つボールの「コントロール」を高められるからです。

練習をサポートするアイテムの紹介

このリバウンドネットは、超おすすめです。跳ね返りがしっかりしているから、小さなスイングでしっかり跳ね返ってきます。だから「慌ただしい」壁打ちにならないので、初心者にもやりやすいのです。
(*もちろん、通常のスピードでも問題なく練習できます。)

練習不足を補うサポートとしては、持って来いの練習用ネットです。

リバウンドネットの特徴
  • 大人から子供まで、手軽に練習ができます。だから、他の人より上達を早められます。
  • ボールがしっかり跳ね返ってくるので、実際のラリー練習と同じ運動量の効果を得られます。
  • 「省スペース」で出来るため、少しのスペースがあれば毎日でも練習できる。
  • ネットの角度調整ができるので、ネット相手にボレーボレーや、高いバウンドのボールを打つ練習もできるのです。
  • 専用の収納バックに入れて持ち運びもできるため、周囲を気にしない場所でも練習ができます。

元テニスコーチが教える早く上達したい初心者に最も即効性のある練習方法 まとめ

  • テニスはボールの動きに自分の動作を合わせる。
  • 重要なのは「上手く打つ」ことより、打ちやすいポジションに入ること。
  • ボールを狙う感覚は、初めから磨く。
  • 壁打ち練習は、重要な要素をいっぺんに磨くことができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です