【テニス】左手には重要な意味がある!フォアハンド左手の使い方

このページは、フォアハンドに自信が無い方に、自信をつける「左手の使い方」を、わかりやすく解説します。

ラリー中に、予想外のアウトが急に出たりしませんか?

「なんで急に、こんなアウトするの?」と焦る気持ちも、左手を利用することで不安を解消できます。

実は左手は、ラケット面を把握するのに重要な役割があるのです。

ラケット面の向きは、ラケットを支えている左手の指先も使うことで、面の向きを繊細に感じることができるからです。

例えば、右手だけでプレーをすると、正確なグリップチェンジができなくなりますが、左手も使うことで、正確な位置へ握ることができるのです。

そのため、普段の練習でも、プレー中は左手の指先を意識しながらプレーする必要があります。

面の把握が出来ているのといないのでは、準備する面の正確さが変わってきます。

安心できるものが「有る」と「無い」では大違い

テニスは、コートの中に絶対に入れられるショットが1つでもあれば、心の余裕が違います

特に、使う数の多いフォアハンドに「不安な気持ちが」無くならないと、勝つ事が難しくなるのです。安心という「保険のショットが」有ると無いとでは、チャレンジする度合いも変わってきます。

構えた時に、ラケットを支えている左手ってあまり意識しませんよね?

私もテニスを始めた頃はそうでした。

ボールを操れるようになるまでは、ラケットが使いにくい道具感じながらテニスをしていました。

経験を積んでテニスに慣れてくると、この使いにくい道具が「楽しいおもちゃ」に変わってきます。

この楽しいおもちゃは、雑に扱っていては操ることが出来ないままなのです。

そのため、操るためには、手先を繊細に感じさせて、触れた感触で「面がどうなっているか?」を把握する必要があります。

テニスに慣れてくると無意識で使っていた左手が、意外と重要な役割がある事に気づかされます。

  • ラケットを引くときに「今は、どのくらいの角度の状態であるか?」の細かな確認作業もあります。
  • フォア側に来た相手の速いボールに、振り遅れないように「きっかけを作る」ことも、左手の作業が必要です。
  • フォアかバックか判断できたら、直ぐに左手で準備のきっかけを作ることもします。

何と言っても、右手のグリップと左手のシャフトを持つ部分で、ラケット面の向きを二重で確認することなのです。

試しに、左手を添えないで右手だけでフォアを打つとグリップのズレが起きてくる事がよく分かります。

しかもグリップを正確な位置に合わせにくいのです。

バックハンドが両手打ちの選手でも、フォアを打つ時には左手をシャフトの上側を持っている選手が沢山いるように、フォアハンドを正確にコートに入れるには、面の把握が必要なのです。

攻撃の軸となるフォアハンドは、グリップの正確な位置合わせが安定感を左右します。

したがって、安定させるには、左手のシャフトと右手のグリップの「両方の手で」確認する必要があります。

左手の位置と使い方

左手の使い方

[右利きの場合]
レディポジションの時に、フォアの面が(軽く)地面側に向くようにラケットを寝かせてセットする。

  1. この時に、左手の「手の平と指に」ラケットを載せる。
  2. 指はラケットが落ちないように添えておく。
  3. ここで8~9割くらいは左手でラケットを持って、右手のグリップは軽く触れておくだけです。

*ポイントは、左手の指(人差し指・中指・親指)で、ラケットを感じること。

注意
指に力が入ると「手首」が固まってしまい、腕全体が素早い動きが出来なくなります。

フォアにボールが来たら、左手でラケットを押し上げるようにテイクバックをする。
バックにボールが来たら、左手をグリップに移動させます。

*バックハンドが両手打ちの場合、相手のサーブが速い時は、フォアもバックも対応させるため、左手もグリップに添えて待ちます。

左手でラケットを支える位置は3タイプ

指がガットに触れているタイプには錦織圭・チリッチ・キリオス・フェレールなど

 

ラケットの中間を持つタイプ(一番多いタイプ)にはジョコビッチ・フェデラー・ナダル・大阪なおみハレプ・クビトバなど

 

グリップを握っているタイプにはセリーナ・ウォズニアッキ・シャラポワなど。

向いてるタイプ

✅指がガットに触れるタイプラケットの中間を持つタイプ:フォアで一気に攻撃をしたり、細かなテクニックも混ぜてフォアを主体としたプレーをしたい方におススメです。

✅グリップを握っているタイプ:フォアもバックも手堅く返して、安全にポイントを稼ぎたい方におススメです。

元テニスコーチが教えるフォアが苦手な中級者は必ず身につけるべき動作とは?

まとめ:【テニス】左手には重要な意味がある!フォアハンド左手の使い方

  • 指先を意識すると、手に力が入らないように構えられるため、グリップの正しい位置確認ができる。だから、グリップの位置が正しいとショットが正確になります。
  • レディーポジションの時点で「面の準備が」できているため、素早いテークバックが行えます。したがって、相手のスピードボールにも対応ができるのです。
  • 左手でラケットを持っているため、右手のグリップに余計な力が入らないようになります。
    右手に余計な力が入らないから、正確なグリップの位置を握れるようになり、腕がスムーズな動きになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です