【テニス】フォアハンドを安定させる 振り抜くコツ!

テニスをやっていると「ラケットを振り抜く」という言葉を
聞きませんか?

しっかり振り抜いたら、飛び過ぎて「アウトしちゃうじゃん?」
って疑問を感じた事はないですか?

テレビでテニスの試合を見ても鋭く振り抜いて
打っていますよね。

なぜ鋭く振り抜いてアウトしないのだろう?

今回の記事はラケットをしっかり振り抜くとアウトする方に、
振り抜きのコツをご紹介いたします。

少しでもテニスに自信が持てるきっかけになれば幸いです。

振り抜くとアウトする?

良く聞く「ラケットをしっかり振り抜いて」と言われても
アウトしてしまう

アウトするのが怖くて振り抜けない。

振り抜いたらどこに飛んでいくのか分からないから
振り抜けない。

なぜコーチは「もっと、しっかり振り抜いて~
と言うのだろう?

確かにフォアハンドのレベルが高い人ほど鋭く振り抜いて
いる人
が多いのです。

錦織選手のフォアを見ていても、
鋭い振り抜きが小気味好いですよね。

上記はスローです。
テイクバックを完了して、ラケットが身体の後ろを通過するときの
ラケット面が、地面の方を向いているかぶせた状態です。

グリップの厚さもありますが、この状態が鋭く擦り上げても
アウトしにくい状態なのです。
ただし、ボディターンで打てないと飛ばしにくくもなります。

自分はフォアが苦手だったので、フォアの振り抜きの良い選手に
憧れていました。

昔、フォアが上手い人のマネをして鋭く振り抜いてみると
しっかり振り抜いた分しっかりアウトになってしまうのです。

コーチにも「ラケットを振り抜け」っと言われていたけど、
振り抜くと「大きくアウトするのに」っと思っていました。

ある時上手い人のストローク練習を真後ろから見ていたのです。
殆どのボールを鋭い振り抜きでスイングしていました。

ボールの軌道に驚きました。

スピードのあるボールが放たれて飛び出していくのに、
急激に軌道が変わるのです。

アウトしそうな勢いのボールが急激に落ちてコート内に
収まっていました。

ボールを「打つ」感じではなく、
擦り打つ」ように捉えていました。

ラケットを振り抜いてコートに収めるには、無意識にボールを
打っていては出来ない事なのです。

振り抜いて入れる為の面の準備が必要だったのです。

振り抜く方法

振り抜くコツ

この振り抜くとは、ボールとガットの接地する面
意識するのです。

ボールとガットの接地面を一箇所で捉える感じの
」で捉えて押し出すように振るのでは無く、

かぶせ気味の面で、ボールを「線(縦長)」に捉えて
擦り上げながら打つのです。


上記はボールを「点」で捉えるイメージです。


上記はボールを「線」で捉えるイメージです。

イメージは卓球のような感じでボールを擦り上げるのです。
そのため振り抜いても回転がかかりコートに収まるのです。

注意
振り抜くとは、腕力だけで振り抜く事ではありません。
腰のターンを使って腕をしっかり振り抜く事です。

鋭く振り抜けば振り抜くほど回転量も多くなります。

そのため、面の出し方が開いていたり、かぶせ過ぎていたり
不安定だと、あちこち飛んでアウトします。

ラケットはボディターンで鋭く振ると、体の構造上
ラケット面が開いた状態で出てきやすいのです。

なので出来るだけかぶせた状態で振り出した方が、
ボールを擦る面をキープして出しやすくなります。

●スピードボールを重視したいときは、「点」で捉える当て方をします。
●スピードと回転を重視したいときは、「線」で捉える当て方をします。
●回転量だけを重視したいときは、「線」を長めに捉える当て方をします。

テニスに慣れてくると「線」で捉える方が断然多く
なります。(グリップの握りが薄い方は別)

それは、スピードのあるボールがコートに収まりやすいからです。
自ら攻めたボールが確率良くコートに吸い込まれるように入るのです。

「点」で捉える打ち方は、元々の握りが薄めの方や、
動かされて守りの時に使う事が多くなります。


上記はフェデラーの鋭いスイングです。
補足
●ラケットの面が開いていると「点」で捉えやすくなります。
●面がかぶせ気味だと「線」で捉えやすくなります。

 「線」のインパクト「点」のインパクト
安定感
スピード攻撃
アングル/ロブ
悪い体勢での守り
デメリット

回転が多い「線」のインパクト
◆相手のボールが速いとフレームショットになりやすい。
◆相手に動かされて体勢が悪いとボールを飛ばしにくい。

回転が少ない「点」のインパクト
◆少しの面のミスが、すぐに結果として現れやすい。
◆攻撃を仕掛ける時に、弾道の高さを制限する必要がある。

上記のズベレフのスイングも参考になります。

加藤季温の『ダブルスの試合を有利に運ぶための展開術』 4枚組フルセット【CRKT03SDF】

「線」で捉えられると?

しっかり振り抜くことで回転量も多くなりコートに
収まりやすくなります。

振り抜いて回転量が多いと自信を持って強く
打ち込む事が出来ます。

「線」で捉えるとラケットの素材やガットの素材の効果を
フルに発揮する事が出来ます。

「線」で打つことはラケットを振り抜かないと出来ないので、
相手にも威圧感を与えられます。

振り抜くコツ まとめ

  • ただ振り抜いてもアウトが多くなります。
  • ボールを擦りながら捉える準備と意識が必要です。
  • イメージはボールを「線」で捉える。
  • 「線」で捉えられるとしっかり振り抜ける。

誤字脱字がございましたらお許しください。
最後までお読みいただきありがとうございました。




すぐに試合で使えます!
ダブルスの戦術パターンが豊富で、すぐに結果を出したい人におすすめ!

●全日本チャンピオン直伝!だから普通の人が発見できないダブルスの戦術を身につけられる。
●相手を動かし試合の主導権を握れる!だからいつでも心理的に有利に試合を進めることができる。
●46の必勝パターンを学べる!だからあらゆる対戦相手に対応するパターンを身につけられる。







女ダブ専用の戦術
女ダブのおすすめはコチラ

●鉄壁のポジショニング!だから確実に勝てるようになる。
●試合を決めるショット!だから大事なポイントを物にして試合の流れをつかめる。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です