フォアハンドでスピンをかける時の面の角度って直角?斜め?詳しく説明

フォアハンドでスピンをかけるときの面の角度って「直角にする」や、少しかぶせた「斜めにする」などがあってどっちが正解か悩みますよね。

結論を言うと、自分が「バシッと打ちこめるようになりたい」のか「ボールを繋げられれば良い」など「どんなボールを打ちたいか?」によって異なるのです。

自分が放つボールはインパクトの面の角度で変えられるため、相手コートに突き刺さるような鋭いボールを打ちたいときと、無駄なミスをしない安全なボールを打ちたい場合では、ボールを捉えるインパクトの面の角度を変える必要があるからです。

私がテニスを習い始めた時は、インパクトで面を直角にしてボールを捉えて、その後徐々に面を開いていくと教わりました。

しかし、ラリー練習などの繋ぐことが目的のときは、ボールを楽に飛ばせて体力にも負担がかからないのですが、試合に出るようになると、相手からポイントをもぎ取れるようなスピードのあるボールを打つようになるとアウトしやすい問題も出てきたりもします。

今回は、フォアハンドでスピンをかける面の角度によるボールへの効果を説明します。

面の角度で異なるスピンの弾道

スピンボールを打つときのラケット面の角度によって下記画像のようにボールの弾道が異なります。

画像①の黄色は、ラケット面をかぶせた「斜め」の状態でスイングした場合のボールの弾道です。
攻撃的するときに使うボールの弾道です。

画像②の赤は、ラケット面を「直角」にした状態でスイングした場合のボールの弾道です。
普段の繋ぐボールに適している弾道です。

画像③の水色は、ラケット面を「開いた」状態でスイングした場合のボールの弾道です。
守りのときや、山なりのボールを打ちたいときに使うボールの弾道です。

ラケット面が「斜め」の場合

ラケット面を斜めにかぶせた面は、ネットの少し上を通過させる攻撃的なスピードのあるボールを打つことに適しています。

ラケット面が斜めの状態で打つと、ボールにスピンはかけやすい反面、ボールを飛ばしにくいので、身体を使った鋭いスイングをしてもボールがコートに収まりやすいのです。 

斜めの状態はボールの飛びを抑えるので、ゆっくりスイングするとネットミスをしてしまうため、鋭いボディターンを使ってラケットを一気に振り抜く必要があるのです。

スイングも下記画像のように、卓球のスイングのようにかぶせた状態を維持して地面と平行気味なイメージでスイングします。

スピンがかかる面なので下から上に振るよりも、ボールを前方に飛ばす力を優先したスイングにします。

デメリット

  • ゆっくり振るとネットしやすい。
  • 繋ぐボールには向いてない。

ラケット面が「直角」の場合

直角の面はボールが飛ばしやすくスピンもかかるので、非力の人でも楽にボールを飛ばせて、ボールの弾道も高さを出せるので繋ぎのラリーに適しています。

ラケット面が地面と直角な状態でボールを捉えるので、下から上に振り上げることで安全にボールがネットを越すようになります。

しかも下から上のスイングはボールに回転がかかるのでコートに収まりやすくなるのです。

スイングも下記画像のように前に出しながら上に振り上げます。

直角の面はボールが飛ばしやすいので、下から上に振り抜いて回転をかけることを意識したスイングにします。

デメリット

  • 攻撃的に打つとアウトしやすい。
  • ラケットを打点より下げないとスピンがかからない。

ラケットが「開いている」場合

ラケット面が開いた状態は、ボールが簡単に上に飛びあがるので、守りのときのボールや山なりのボールに適しています。

余程の非力な人以外は、ボールが飛び過ぎるため通常のストロークではお勧めしません。

スイングもラケット面に当たった瞬間にボールが上にあがりやすく、スピンをかける時もスイングを注意しないと簡単にアウトします。

スピンをかける時も、通常のスイングのように前に振り抜くとアウトしてしまうので、上記画像のようにインパクト後は後ろ側に引くようなイメージでスイングすると回転がかかります。

デメリット

  • ボールが飛びやすいため、繊細な加減が必要になる。
  • 通常のスイングと異なるスイングにする必要がある。

性格に合った面の角度

直角の面

直角の面は「自分から無駄なミスはしたくない」と思う、じっくり相手の様子を見てプレーをしたい方に向いています。

斜めの面

斜めの面は「チャンスがあれば攻撃したい」と思い、ポイントは自分からもぎ取るプレーをしたい方に向いています。

上達する為に理想的なラケット面の角度は、ボールの状況で使い分けられることです。

ボールの状況で使い分けができると、無駄なミスを減らすことができるので相手にもプレッシャーを与えられるからです。

そのため、先ずは性格に合ったプレースタイルを基本のスタイルとして、色々なショットを身につけることをお勧めします。

フォアハンドでスピンをかける時の面の角度って直角?斜め? まとめ

  • 面の角度でボールの弾道が異なる。
  • 斜めの面は、攻撃するときに向いている。
  • 直角の面は、非力な人でもボールを楽に飛ばしやすい。
  • ラケット面の角度は、自分の性格に合ったものを基本のスタイルにする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です