50代男性でも力負けしない片手バックハンドのスピン!【テニス】

今の時代は男性でも両手バックハンドが主流となっていますが、50代で若い頃にテニスを習っていた男性は、片手バックハンドで打つ方が多いのではないでしょうか。

片手バックハンドから両手バックハンドに直す人のほとんどは、片手だと力負け高いボールが打ちにくいからという理由が多いのです。

50代で試合に出ている男性は、まだまだ体力的にも若者には負けたくないし、しかも力負けもしたくないと感じているものです。

片手バックハンドは、力負けをしないようにすると、力みが入り打点が少し遅れコースが甘くなることがあります。

ダブルスでは相手前衛の餌食になったり、シングルではクロスに打ったつもりがセンターに入ることで相手に攻めこまれてしまいます。

かと言ってスライスボールは力がないため攻め込まれやすいものです。

ただ、フェデラーの片手バックハンドのようなフォアハンド並みに効果のあるボールをクロスへ打っている人がいるのも事実です。

今回は片手バックハンドが弱点と感じている方に、打点が遅れないでしっかりクロスに効果的なボールを放つ方法を紹介します。

ボールの捉え方で打点が遅れなくなる

下記画像のように、通常の下から上に捉える、ラケットを真横の状態で捉える使い方はスピンをかけるには間違いではない使い方ですが、力みなどちょっとしたことで遅れる場合があります。

打点が遅れるとコースがセンター方向に甘くなり、逆襲されてしまいます。

しかもこの形だけを覚えると、胸から顔の高さの高い打点のボールが打ちにくくなってしまいます。

そこで使い方は、ボールに縦の回転をかけるのではなく、斜め回転をかけるように腕を使います。

上記画像①は、ボールに加える回転方向です。
画像②はインパクトの瞬間で、ラケットヘッドが立ち気味で捉えるようにする事で、斜め回転をかけられます。

打点も、通常より前で捉えることを意識して行う必要があります。

ラケットヘッドを立てて使うことに慣れると、さらに高い目線の高さのボールも攻撃したり打ち込むことができるようにもなります。

上記画像は、目線の高さのボールを打つ時のボールの擦り方と、ラケットの使い方です。

上記画像のようにボールに横回転を加えるイメージで、前述よりラケットヘッドをさらに立てた状態でボールを擦りながら捉えます。

【片手バックハンド】高い打点 打ち方のコツ

斜め回転にするスイングの仕方

スイングは下から上よりも、下記画像のように前に出しながら斜め横に振り抜くイメージです。

この使い方は、片手バックハンドでライジングボールを処理するときも、振り遅れが出にくいのと、ボールが浮き過ぎないようにさせられるスイングでもあります。

上記動画のように、ラケットを斜め横に振るイメージのスイングで、斜め回転のボールを飛ばすことで、コースが甘くならずにクロス方向に安定して飛ばしやすくなります。

要するに斜め回転のボールを飛ばそうとすると、ラケットを下げ過ぎないで打ちにいけるため、打点が遅れにくく前方で捉えやすくなるからです。

片手バックハンドのインパクトの感触をリアルに感じられるおすすめ練習器具

この練習器具は、実際のインパクトと同じ感触を掴むことができます。

そのためテニスコートで練習する時間が無い人でも、家の中で実際にボールを打ったような感触を身につけられるので、効率良くクセをつけられます。

前述した、片手バックハンドのインパクトで、ラケットヘッドを立てながらボールを捉える感触が身につくと、相手に威圧感のあるボールを放つことができます。

この練習器具でラケットヘッドを立てた感触を早くに覚えられるので、弱点を武器に変えられてバックに打たれるのが楽しくなります。

力負けしない片手バックハンドのスピン まとめ

  • ラケットヘッドを立てて捉える事に慣れる。
  • ボールに斜め回転を加えるように捉える。
  • 同じ捉え方で、ライジングの処理と高い打点のボールも処理ができる。



すぐに試合で使えます!
ダブルスの戦術パターンが豊富で、すぐに結果を出したい人におすすめ!

●全日本チャンピオン直伝!だから普通の人が発見できないダブルスの戦術を身につけられる。
●相手を動かし試合の主導権を握れる!だからいつでも心理的に有利に試合を進めることができる。
●46の必勝パターンを学べる!だからあらゆる対戦相手に対応するパターンを身につけられる。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です