元テニスコーチが教える両手バックハンドで身につけるべきオープンスタンスのコツ

このページは「両手バックハンドのオープンスタンスのコツ」を、わかりやすく解説します。

両手バックハンドは、基本的に踏み込んで打つ打ち方をメインで使うことが多いのですが、ボールの状況によって、オープンスタンスを使った方が断然効果のある場面があります。

というのは、サイドに動かされたときなど、オープンスタンスを使うことで幅広いコースに狙って打つことができるからです。

例えば、サイドに動かされたボールを踏み込んで打つと、踏み込んだ足がスイングの邪魔をしてクロス方向が打ちにくくなります。

しかし、オープンスタンスを使うことで、幅広い角度でボールを飛ばせるようになるのです。
しかも、ボールを打った後のリカバリー動作が速くなります。

そのため、両手バックハンドもオープンスタンスを身につけると、攻守で役に立つ場面が多いのです。

バックハンドの考え方として「踏み込み」=「攻撃的なボール」で、「オープンスタンス」=「守りの要のスタンス」となります。

テニスで、世界のトップ選手のジョコビッチやナダルも状況によって使い分けるのは、その場面で最もポイントを失わない方法だからです。

両手バックハンドのオープンスタンスを使う場面

サイドに揺さぶられたボールの処理

バックのオープンスタンスを使う場面としては、1つは「サイドに走らせられたとき」のボールの処理です。

コートサイドに動かされて、右足を出したクローズスタンスの場合、ストレート方向には飛ばしやすいのですが、クロス方向は身体が邪魔して飛ばしにくくなるからです。(右利きの場合)

そのため、相手にコースが読まれてしまうので、圧倒的に相手が有利の状況になってしまいます。

したがって、オープンスタンスで打てると、体がスイングの邪魔をしないので、クロス方向にも飛ばしやすくなります。 

だから、相手に、パッシングでサイドを抜くプレッシャーを与えられるのです。

しかも、オープンスタンスで打った場合、そのまま直ぐに戻ることが出来るので、反対側の空いてしまったコートの守りを固められるのです。

速いボールの処理

もう1つは、ファーストサーブやスマッシュ・チャンスボールなどの「テンポの速いボール」の処理に使います。

要するに、スピードのあるボールが飛んでくる場合は、時間の余裕がなくなるため、踏み込む動作をするとボールの処理に間に合わなくなるからです。

そのため、オープンスタンスで打つことで、振り遅れするミスを減らすことができます。

しかも、速いボールには反発力があるので、腕を少し動かせるだけで、威力のあるボールが跳ね返っていきます。

関連ポーチボレーを打ちやすくするにはコツがあった!テニスダブルスのコツ

両手バックハンド・オープンスタンスのコツ

バックのオープンスタンスは、慣れるまで違和感のある動作になります。

普段のボールは、右足を前に踏み込むことで、バランスを保ちボールにパワーを加えます。
しかし、踏み込む足が無くなるのですから、慣れないと誰もが「ぎこちない動き」になるのが普通です。

ただ、テニスはコツをつかむと「誰でも」出来るようになります。

大事なポイントは、上記画像③の部分で、最後に出す「左足」と「テイクバックの完了が」セットになります。

テイクバックを先に完了させてしまうと、走るスピードが遅くなってしまうため、あくまでも最後の一歩(左足)と同時に行います。

そのため、左足が地面に着地の瞬間にラケットも一気に引く感覚を覚える必要があります。

バックハンドのオープンスタンスに慣れる方法

上記画像のジョコビッチの足の位置は、下記画像の①のように、左足が右足より後ろ側にあります。

最初から、この状態でオープンスタンスを練習すると、体を保てないで前に倒れ込むようになってしまいます。

そのため、上記画像②のように「左足を右足より前に出す」ようにすると、身体を保てるようになり、倒れ込まないでスムーズな状態で打てるようになります。

どうしても倒れ込む方は、左足を更に前に(ネット側)に出すようにしてください。

両手バックハンドオープンスタンスの練習方法

練習方法としては、上記画像のように近くから手で球出しをしてもらい、左足を出しながら打つことに慣れる練習をします。(黒丸が手出し・赤丸が練習する人)

時短で身につけるためには、体の使い方を優先した練習が効果的です。
そのため「素振り」→「近くで手出し」→「離れて球出し」の順番で行うと時短で身につきます。

関連中級者が両手バックハンドで強打する方法!3つの攻撃の仕方を詳しく紹介

まとめ:元テニスコーチが教える両手バックハンドで身につけるべきオープンスタンスのコツ

  • 両手バックハンドのオープンスタンスは、狙うコースを広げられ、戻りが早くなる。
  • 使う場面は、サイドのボールとスピードのあるボール。
  • 両手バックハンドのオープンスタンスは、左足を前に出すことで体を保てるようになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です