テニスでフォアハンドの手首は固定?使う?脱力?詳しく説明

テニスのフォアハンドで、手首を「固定する」「使う」「脱力する」などの言葉を聞くと思いますが、どうしたら良いの?って思いませんか?

例えば手首を「使う」と聞くと、自ら手首を「こねる」イメージを持ちません?

自ら「こねる」のは間違いで、手首をこねると急激に短いスパンでのスイングをしてしまい、ボールが浅くなってフォアハンドが安定しません。

人間は手首を「使う」と聞いてしまうと、ほとんどの人が急激に使ってしまうものです。

フォアハンドの手首は、最低限「維持する形」があり、その形のまま脱力をして手首を利用するのです。

テニスのフォアハンドを安定させるには、手首が動いて良い方向があり、そのパターンは一つしかないのです。

ただ初級者などは例外で、最初のうちは手首を固めて打点を安定させることを最優先しましょう。

そのため、ある程度ラリーができる方は、この1パターンを理解すると安定してボールがコートに収まるようになります。そこを詳しく説明します。

フォアハンドの手首の形

フォアハンドでラケットを持っても最低限「維持する手首の形」があります。

その手首の形は、腕立て伏せをするときの手首が背屈した形です。(遊びの部分がない背屈状態です。)

この手首の背屈状態を、下記画像の赤い矢印のようにフォアハンドのテークバックからインパクトまでは維持します。

この形を維持する事で、打点も身体より前方で捉える位置を覚え、強いボールが来ても負けないでしっかりボールに押しを加えることができます

フォアハンドを打つ時に、背屈に遊びの部分があると、打点が前後にズレて安定しません。しかも手首を痛める原因にもなります。

手首の背屈状態を維持するには、グリップの握り方も関係してくる。

例えば、厚い握りのウエスタングリップは、握りの構造上背屈状態が自然に作りやすいのです。

逆に、薄めの握りのセミウエスタングリップ(握手するような握り)は、背屈状態を意識して行う必要があり、意識しないと手首が棒のように真っすぐ伸びた状態になりやすいのです。

最近はネットで手首に背屈をクセつけるテニス器具まで売っているくらいですから、誰もが悩みの種だったんでしょう。

このスピンボール練習器具は手首の形を背屈させるのに超おすすめです。

私は中学のとき毎晩死ぬほど素振りで背屈させた手首の形をクセつけました。
しかし、これは装着していきなりボールを打ってもクセがつけられるのです。

この器具は、手首の形を背屈の形で固定するため、無意識でクセがつけられます。だからテニスに慣れていない初心者などにもおすすめです。

自分がコーチをしていた時の球出し専用クラスでも、実はこれを使用していましたが、とにかくクセをつけさせるのが早かったです

私が知っている中では断トツの優れものです。

ただデメリットは、ラリー中や球出しでもフォアハンドしか打てないことです。
バックハンドで打つ時は器具を外さないとなりません。

フォアハンドの手首の利用方法

手首の形が分かったところで、次は手首の利用方法ですが、背屈を崩して良い部分はインパクトを終えてからと、頭に入れといてください。

手首の正しい使い方

背屈したままで手首の動かし方は、手を前に出して手首だけで「友達にバイバイする動き」です。

ただ、意識して使うのではなく、脱力することでバイバイする手首の可動域を自然に使う動きです。(決して手首を意識してこねたりはしません。)

脱力のコツは

手首を脱力させるコツは「指の力を抜く」だけです。

背屈の形のまま指の力を抜くことで、リストがバイバイする動きを自由にさせるためです。

要するに、手首の背屈状態を維持してテークバックを行い、指の力を抜いていることで、リストが可動域内でムチのように手首の動きが入れられるようになります。

下記画像のフェデラーのラケットヘッドの向きに注目して下さい。

画像①はボールを打つ少し前ですが、ラケットヘッドの向きが黄色い矢印の左斜め上方向を向いていますが、画像②の振り始めは反対側の右方向を向いています。

これは意図的に行うのでは無く、脱力しているため腕を前に出すと自然に手首の可動域内で、ムチのような動きになるからなのです。

この手首の動きは、画像①の位置から画像②の真逆まで動いてインパクトにかけてまた戻ってくるのです。だから強烈な回転がかかるのです。

そのため、手首を最大限利用するにはテークバックでラケットヘッドを寝せないで立てて引くことが、手首の可動域内を最大限加速して動いてくれます。

しかも、無意識で自然な動きなのです。

だから最近のテニス選手はラケットヘッドを立てて引ひいて、ボールがコートに吸い込まれるような強烈な回転で打てるのです。

テニスのフォアハンドの手首 まとめ

  • フォアハンドの手首は、背屈を維持する。
  • 手首を動かすのは脱力して自然な動きにする。
  • 手首を利用するためにラケットヘッドは立てて引く。



すぐに試合で使えます!
ダブルスの戦術パターンが豊富で、すぐに結果を出したい人におすすめ!

●全日本チャンピオン直伝!だから普通の人が発見できないダブルスの戦術を身につけられる。
●相手を動かし試合の主導権を握れる!だからいつでも心理的に有利に試合を進めることができる。
●46の必勝パターンを学べる!だからあらゆる対戦相手に対応するパターンを身につけられる。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です