テニスを上級レベルにさせるフォアハンド!強烈なトップスピンの打ち方チェック

フォアハンドで思いっきり打ち込んで攻撃できたら
気持ちいいですよね?

打ち込んだボールが入るには理由があります。

今回は打ち込んでコートに収める為のチェックポイントを
紹介しようと思います。

フォアハンドで悩みのある方は、この記事で各ポイントを
チェックしてみて下さい。

打ち込むための『グリップの握り方』

テニスで一番多く打つショットはフォアハンドなのです。

ほとんどの人がフォアハンドで組み立てを考えて
ポイントを奪うことを行います。

そのためフォアハンドに自信が「あるか」「ないか」で
大きく勝敗を分けるぐらい重要なショットです。

このフォアハンドを安定させる要素として、
とても重要なのがグリップの握りです。

最低限注意することは、グリップの位置がズレない
グリップの握っている位置を把握することです。

そして自分が「どんなボールを打ちたいのか?」
「どんなプレーをしたいのか?」によって
適正な握る位置があります。

今のラケットはボールが飛ばしやすい素材なので、
トップスピン(順回転)をしっかりかける必要があります。

そのトップスピンを簡単に行うには、グリップの握る
位置が重要です。

トップスピンをかけるのに適している握り方は、
セミウエスタングリップウエスタングリップなのです。

セミウエスタングリップ

比較的飛ばしやすく緩やかな回転量となりますが、
リストを使うと回転量を多くすることも出来ます。

細かな小手先のショットも行いやすく、グリップチェンジも
楽に行えるので、
ネットプレーへの移行もスムーズに出来ます。

ストロークで相手を揺さぶり、ネットプレーで
ポイントを取りたい方に向いています。

ウエスタングリップ

回転量がかなり多めにかかり、慣れるまではボールを
飛ばしにくいです。

身体をしっかり使わないとボールが飛ばないので、
体力も必要となります。

慣れると攻撃で打ち込んでも安定してコートに入れやすいので
ストロークでガンガン攻撃をしたい方に向いてます。

男子のプロでは最も多い主流の握り方です。

もっと詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください。

『打点』を安定させる身体の使い方

フォアハンドを安定させる為には打点の位置
とても重要なキーポイントになります。

プレー中に起こるミスショットは、打点の位置がズレる
原因で起こることが多いのです。

テニス経験が浅いと、不慣れなタイミングのミス
打点がズレます。

ハイレベルになると、お互いのボールのスピードが
速くなるため、若干の打点のズレがミスに繋がります。

フォアハンドの打点は、前方の一ヵ所の部分で
慣れる必要があり、

打点の位置が前後左右のズレがあるとミスショットに
繋がります。

左右のズレはボールとの距離感を覚えると比較的簡単に
改善されます。

正しい打点の位置の目安として、インパクト時に
ガットの後ろからボールを見れるくらい身体より
前方の位置です。

この位置で常にボールを捉えることに慣れましょう。

フォアハンドで打点を一定にさせるコツは、顔の向きが重要な
ポイントになります。

はじめは飛んでくるボールを見ているので顔は正面向きで、
ボールと一緒にインパクトの位置まで顔の向きを動かします。

自分が飛ばしたボールの方向と逆側に
顔を動かすイメージです。

そうする事によってヘッドアップ軸のブレを抑える
効果もあります。

もっと詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください。

ラケットの感覚をつかむ『左手』の使い方

ラケットを支えて持っている左手(右利きの場合)には、
大きな役割があります。

相手が打ってきたボールをフォアかバックかの反応は、
脳で判断した後に左手が素早く行動を起こします。

正確なグリップチェンジも、ラケットを支える左手と
グリップを握っている右手の二重で確認をします。

フォアハンドに飛んで来たボールのテイクバック開始の
「きっかけ」は左手とボディターンで行います。

ラケット面の角度を把握するのも、ラケットを支えている
左手で感じるようにします。

大事な部分で、ラリーの合間にグリップを持つ右手を
リラックスさせるために、左手メインの支えが重要になります。

右手は軽くグリップに触れておくだけなのです。

などの効果があるので、ラケットを支えている左手を
繊細に感じながら練習は行いましょう。

ポイントはギュッと力を入れ過ぎないで、
柔らかくラケットを支えて指がラケットに触れている
ことを感じることです。

テニスはタイミングを合わせることが重要なので、
指のリラックスが必要なのです。

リラックスする部分は右手も左手握力の部分です。

もっと詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください。

ラケットを『振り抜く』ための使い方

ラケットを「しっかり振り抜く」というのは、ボールを
「ドカーンと飛ばす」ためではなく、

しっかりボールを「擦って回転をかける」ことなのです。

割合的には「6:4」で擦ることを多めにして
慣れた方が良いです。

ですので、擦るためにはラケットの面が地面に対して
「直角」か「かぶせ気味」に出す必要があります。

おすすめは、少しかぶせ気味に出した方が理解しやすいのと
安定して行いやすいです。

このかぶせ気味のラケット面を作ることによって、
ラケットをしっかり振り抜いてもボールがアウトしないで
コートに収まるようになります。

この状態がラケットを振り抜ける環境となります。

最初は上手く出来なくても、慣れると気持ちよく
ボールに回転もかかりコートに収まるようになりますよ。

ボールを捉えるイメージは、ガットの一ヶ所の部分
「点」で捉えないで、

縦長の「線」で捉えるイメージ
です。

ボールをガットに長く擦りつけながら打つイメージです。
あくまでもボールを擦る為です。

もっと詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください。

強打するときの『リストと身体』の使い方

やっぱりテニスは強いボールでエースを狙いたいですよね。

ボールを強くひっぱたいてコートに入れるには、
回転量が伴わないとコートに収まりません。

回転量を増やすには腕をムチのように鋭く使う
必要があります。

ムチのように鋭く使うには腕力だけでは限界があり、
力みも出てしまい正しく腕を使えません。

そのため、身体の「力」を利用したボディターンで軸を鋭く
ターンさせると、腕も鋭いムチのように引っ張られて来ます。

鋭い軸のターンは、右足にパワーを蓄えて(タメを作る)
一気に地面を蹴り上げてパワーを解放します。

腕の使い方は、テイクバックでラケットヘッドを後方
セットしないで、ネット側に残した形を作ります。

打つ時はその状態から、通常通りにスイングをします。

あえてヘッドを残すことによって、腕がムチのように
動き出すので最大限のリストが使えるようになり、
回転量が多いボールとなります。

スイングも、ボールの高さのまま真横に振り抜きます

ヘッドを残すので、意識して下から上に振らなくても
ラケットは自動でリストの可動域の中で下から上へと動き
強烈な回転が加わります

もっと詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。
誤字脱字がございましたらお許しください。




すぐに試合で使えます!
ダブルスの戦術パターンが豊富で、すぐに結果を出したい人におすすめ!

●全日本チャンピオン直伝!だから普通の人が発見できないダブルスの戦術を身につけられる。
●相手を動かし試合の主導権を握れる!だからいつでも心理的に有利に試合を進めることができる。
●46の必勝パターンを学べる!だからあらゆる対戦相手に対応するパターンを身につけられる。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です